グワイヒアさんへのお土産

去年のこのポストの事後報告です。

グワイヒアさん向けのお土産というからには、何かしら「指輪物語」にちなんだものを、と思いながらラオス各地の土産物屋を物色していたのですが、どう考えても「なんちゃってじゅう」グッズぐらいしか思いつかない・・・。
「じゅう」ならぬ「ぞう」のデザインの小銭入れとか。
ううう、我ながらつまらなさすぎる・・・

そんなある日、「旅の仲間」であるバンコク在住のKさんに
「グワイヒアさんにお土産買わなくちゃならないのよねー」
と言ったところ
「タイには△※▼◇っていう名前のバンドがあるんです。あんまりびっくりして、思わずCD買っちゃった」
とのたまうではないですか。

な、、なんですって?!

そんなすごいネタ土産、グワイヒアさんにぴったり!!!

(ちなみにKさんは、PJの映画がきっかけで初めて読んだ私とは違い、ナルニアからまっすぐ指輪に入ったという、まっとうにして年季の入った愛読者なのです。)

というわけで、ラオスではなーんにも買わずに、バンコクに帰ってから買い物に行ったのです。
バンコク中心部の超超大型デパートのCDショップで。

そのあとで、ついでにそのデパートの中の書店に行ったわけ。
タイ語版指輪物語とかあるんじゃないかなーと思って。

で、「伝書バト」を見つけちゃったわけです。

まさに、「情けは人のためならず」
えっ、違う?!(自爆)


とにかく、この指輪ネタ土産の情報を提供してくれたところからして、Kさんはすでに十分「でかした」だったんです。


「でかした」二乗のKさんに、これからも神の恵みがありますように(笑)


で、何を買ったのかは、グワイヒアさんのサイトこのページで見られます。
[PR]

by foggykaoru | 2009-01-16 20:25 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/10629218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラッコ庵 at 2009-01-17 06:45 x
>ちなみにKさんは、PJの映画がきっかけで初めて読んだ私とは違い、

えっ、そうなんですか!?
かおるさんと、大学の時に知り合っていなかったのが返す返すも残念。翻訳の1巻目が刊行されたときから読んでる私が薦めてあげたのに~(?)


Commented by Titmouse at 2009-01-17 11:19 x
ラッコ庵さん、でもかおるさんはすぐに皆を追い抜いて指輪マニアの先頭に立ったから(笑)。
グワイヒアさんのサイトに載ったの、気づいてませんでした。クイズしか見てなくて(爆)。森に立つ4人というところが、それっぽいですね~。
Commented by foggykaoru at 2009-01-17 12:45
ラッコ庵さん。
爆死アニメが公開されたとき、存在だけは知ったのですけれどね。
振り返ってみると、私の大学時代は読書不毛の時期だったみたい。
不毛は言いすぎかな。
とにかく語学の勉強の一環として推理小説ばかり読んでました。
Commented by foggykaoru at 2009-01-17 12:47
Titmouseさん。
いやいや、先頭だなんてとんでもない。
いくつかネタを思いついただけで(苦笑)

グワさんのクイズ、よくわかりましたねえ。さっすが。
私にできるのは、Titmouseさんに海賊船が当たるようにとお祈りすることだけです(爆)
Commented by Titmouse at 2009-01-17 23:51 x
かおるさん、おかげさまで海賊船が当たりました~(^^)
Commented by foggykaoru at 2009-01-18 10:26
Titmouseさん。
ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!(299万9990回分略)ばんざーい!
Commented by グワイヒア at 2009-01-20 15:12 x
すっかり出遅れてる鷲です。
かおるさん、CDありがとうこざいました!
ほんと、森で撮った写真というのがいいですよ~
森の4人はこちらへ来たし、海賊船は行くべきところへ向かったようで、何よりでした。(^^)
これもヴァラールのご加護? ばんざい三百万唱!
Commented by foggykaoru at 2009-01-20 21:38
グワイヒアさん。
喜んでいただけてよかったです~
でも、せめて曲名ぐらいわかればねえ・・・
ロシア語じゃなくてタイ語にするべきだったかしら(苦笑)

<< 生物と無生物のあいだ 旅行人No.159(創刊20周... >>