遠い朝の本たち

その死を惜しまれた須賀敦子さんによる、珠玉のエッセイ集。

幼い日からの読書にまつわる思い出がつづられています。
内容はもちろんのこと、文章が素晴らしい。
読んでいて須賀さんの豊かさがこちらにしみとおってくる感じがして、折りにふれて読み直したい本です。

ネット上で本の引用というのは、むやみにするものではないのかもしれないけれど、どうしてもしないではいられません。
何冊かの本が、ひとりの女の子の、すこし大げさにいえば人生の選択を左右することがある。しかし、そんなことには気づかないで、ただ、吸い込まれるように本を読んでいる。自分をとりかこむ現実に自信がない分だけ、彼女は本にのめりこむ。その子のなかには、本の世界が夏空の雲のように幾層にも重なって湧きあがり、その子自身がほとんど本になってしまう。

幼いときの読書が私には、ものを食べるのに似ているように思えることがある。多くの側面を理解できないままではあったけれど、アンの文章はあのとき私の肉体の一部になった。(注:アンとはアン・リンドバーグのこと)

山を歩いていて、前方の霧がふいに晴れ、自分がめざしている方向が一瞬のあいだだけ見えることがある。小学生の私がプルタルコスの話に読みとったものは、どこかそんな旅人の経験に似たものではなかったか。もちろん霧はまたすぐにすべてを包みこんでしまうから、旅人は、自分がめざしていたのはたしかあっちのほうだった、というたよりない記憶だけにたよって、ひとり歩きつづける。


ふと、美智子皇后を思い出しました。
ご自身の幼少期の読書体験について話しておられるのをNHK教育テレビで見たような。
英語の講演だったかな?

須賀さんは美智子さんの先輩にあたります。家庭の雰囲気も似ているのでしょう。
優れた素質をもった女性が、恵まれた環境の中でその才能を花開かせた好例なのではないでしょうか。

今さらのように思ったのは、本というのは「読め」と言われて読むものではないということ。
読む子はほうっておいても読みます。
読まない子に「読め」と言ったところで、「読まされた本」は「肉体の一部」にはならない。
では大人はどうしたらいいのか。
月並みですが、環境を整えることでしょうかね。あと、大人自身が読書を楽しむこと。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2009-02-04 20:59 | エッセイ | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/10798681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サグレス at 2009-02-04 22:18 x
>大人自身が読書を楽しむこと。
まったくです!
そして小学校~中学校では、2時間ぶっ通しで読書の時間を作ってほしかったなぁ(高校でももちろん、あると嬉しいけど)。絶対いいと思いません?(笑)
Commented by むっつり at 2009-02-04 22:41 x
本が分厚い方が喜ぶ子供は本物ですね
その世界に長く浸ることが出来る事を知っているのですから
Commented by kiri: at 2009-02-05 00:14 x
須賀敦子さんの本、妻が読んでます。。。(笑)

BS朝日でやってた須賀敦子さんのドキュメンタリー、
"イタリアへ"って3部作は録画して、見ました。。。
側で妻が解説してくれたので、本を読んだ気になってます。。。(笑)

それにしても、このごろ、本、読めません。。。
もとから読むのは遅いのですが、飽きっぽくて、
半分くらいで途中の本、何冊もあります。。。(ahaha...)

気持ちは、続き知りたいし、読みたいのだけれど。。。

妻は、すごい勢いで本を読むので、
この間、映画の原作の「容疑者Xの献身」買ってきてたら、
いつの間にか読まれてて、それも、数時間で。。。
なんか、読みやすくて、読んじゃった。。。って。。。
で、種明かししてあげようかときたもんだ。。。(爆)

どちらかというと、
いつか読もうと思いつつ、本を集めてる。。。
そんな感じになってます、この頃。。。(ohoho...)
Commented by naru at 2009-02-05 10:14 x
>今さらのように思ったのは、本というのは「読め」と言われて読むものではないということ。
読む子はほうっておいても読みます。

禿同! 私はおそらく小学校の中でも最もたくさん本を読んでいた子だったけれど、
強制的に書かなければいけない読書感想文が大嫌いでしたね。

ということで、無手勝流に図書室から借りまくってランサムにめぐりあえたのですが、
自分の子供達も放任しておいたら、いつの間にかコミックに走っていて、更にゲーム。
あぁあ、失敗した~、とがっかりしていたら、村上春樹経由で、ついにドストエフスキーまで、愚息は読書に戻ってきました。

正直ホッとしております。幼い頃の読み聞かせが、15年以上経って身を結んだのかなって。
でも 我が家の20歳過ぎた子ども二人とも ランサム・ファンにはならなかった。そこは反省しています。
Commented by foggykaoru at 2009-02-06 20:50
サグレスさん。
>2時間ぶっ通しで読書の時間
あったらよかったですね~
小学校のとき、いちばん楽しかったのは図書の時間でした。
でも、いくら読むのが早い私でも、1時間では1冊読めなくて。
あと10分あれば最後まできちんと読めただろうにという本がたくさんあります。
Commented by foggykaoru at 2009-02-06 20:51
むっつりさん。
分厚いほうが喜んだかなあ?>私
ちょっと自信がなかったりして。
でも薄っぺら過ぎると食指が動かなかったりしたのは確かです。
Commented by foggykaoru at 2009-02-06 20:54
kiri:さん。
昔は読み始めた本は苦しくても最後まで読んだけれど、最近は途中でやめることが増えてます。
見切りをつけるのが早くなってる感じ。
年の功?それともこらえ症がなくなった?(自爆)
Commented by foggykaoru at 2009-02-06 20:56
naruさん。
>村上春樹経由で、ついにドストエフスキー
へええ、若い男の子でそこまでいくとは優秀ですね。
環境づくりが身を結びましたね!
ランサムを機に行ってくれたら最高だったけれど、十分に成功の部類に入るのでは?
Commented by crann at 2009-02-17 22:00
須賀敦子さんの講義を一度聞いておきたかった!と思いました。
私がはまったときは、彼女が亡くなる直前だったので・・・
私→妹→母→アフリカ妹、と須賀さんの本が回遊して、みんなでファンです。
一番心に残るのは「ミラノ 霧の風景」かな・・・
Commented by foggykaoru at 2009-02-18 21:40
crann@leiraniさん。
「ミラノ」も読んだはずなんだけど、良く覚えてません(涙)
「ヴェネチアの宿」は覚えてるんだけど。

<< Nodame Cantabil... ケルト第六弾: アイルランド >>