床下の小人たち

メアリー・ノートン作。
名作の誉れ高いこの作品、子供のころに読んだことはあったのだけれど、すっかり忘れてしまったので、前々から再読してみたいと思っていた。

読んでみて。
いかにもイギリスの児童文学だ。(ノートンはアメリカに住んだこともあるそうだけれど。)
この作品の小人は、おそらくケルトの伝説あたりからヒントを得たものなのだろう。
そして、昔からの空気がそのまま動かずにとどまっているような、古くて大きいお屋敷が必須。
たとえば「メニム一家の物語」あたりが、こういった作品の延長上にあるのだろうな。

でも、大好きかどうかと問われると、ちょっとね。(メニム一家は大好きだけど。)
だからすっかり忘れてしまったのだろう。
名作と呼ぶことには異存はないのだが。

たぶん、私にとっては、ドキドキハラハラの部分が多すぎるのだろう。
まったりのんびりした場面が少ないのだ。
私にとってはね。

小人一家の日常生活の描写が少ないわけではない。でも、一家とは言っても、たったの3人しかいないから、丁寧に書いても知れてるのです。
そして、主人公アリエッティと人間との交流。これもきちんと書かれている。
でも、まったりした部分はあんまりなくて、話はどんどん展開していき、あっと言う間にピーンチ!になってしまうわけだ。

最後の盛り上がりはすごい。
そしてメイおばさんの最後の一言。うまい。
もしかしたら、続編はもっと私好みなのかもしれないという気にさせる終わり方です。
(これを書いた当時、ノートンに続編を書く意思があったのかどうかは知らないけれど。)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2009-07-24 21:22 | 児童書関連 | Trackback(1) | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/12005437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2009-12-23 23:01
タイトル : 『床下の小人たち』 メアリー・ノートン
来夏公開、スタジオジブリの新作『借りぐらしのアリエッティ』の原作本です。 製作が発表されたので、どれどれどんなお話なんだろう?と興味を持ったのですが、ネットショップは軒並み「在庫切れ」や「取扱い中止」。ジブリの影響力は強いなーと思いながら本屋へ行くと、早くも「映画化決定」の帯付きで増刷されておりました。 舞台はイギリス郊外の古いお屋敷。主人公は、生活に必要なものは全て”上”に住む人間たちから「借りて」、床下で暮らす小人の一家です。小人たちには、人間とは関わり合いを持ってはいけない、というルール...... more
Commented by HEARTY at 2009-07-24 23:57 x
私もメニム一家やくらやみの谷の小人たちの方が好きだわ。床下が原点なんだろうと思うんですけどね。
Commented by ラッコ庵 at 2009-07-25 07:57 x
中学生?のころ読みました。
妹と、物がなくなると
「借り暮らしの小人さんが持っていった」
と言うのが流行りました(笑)
Commented by foggykaoru at 2009-07-26 21:23
HEARTYさん。
くらやみ谷というのは未読です。
HEARTYさんがお好きだというのなら読んでみようかな。
なんというか、小人が出てくるという点において、「床下」はファンタジーに違いないんだけれど、雰囲気的にはランサムのほうがファンタジーな感じがします。
「床下」が「小人たちの厳しい現実」を描いているのに対して、ランサムは「人間の子供たちの素晴らしい休暇」だからなのかも。
Commented by foggykaoru at 2009-07-26 21:24
ラッコ庵さん。
ふふふ。
そういうの、楽しいですね♪

<< 行ってきます 日本語が亡びるとき--英語の世... >>