漱石の孫

著者は夏目房之介氏。私にとってはむかーし昔、週刊朝日に連載されていた「デキゴトロジー」のイラストレーターとしておなじみの人である。

この本の内容を端的に言い表しているのは、関川夏央氏によるあとがきの最後の部分。
『漱石の孫』は夏目房之介の偽らざる自伝である。そしてまた、歴史的証言とユーモアとを程よく撹拌して編まれた教養小説にして、その傑作である。

さすが作家。うまいこと言うなあ。。。

ただ、「小説」と言うと誤解を招くかも。「私小説」と言うほうが親切。

下手をすれば著者の私的な繰り言・自己満足に終始してしまうところなのだが、この本はそうではない。「漱石の孫」として生れてきたという、これ以上無いほど個人的な話を語りながらも、より大きな事象へとつながっていき、しかもその語り口が明快。刺激的で心地よい。

ところで
以前のエントリーでもちらっと触れたが、夏の旅行に持っていったのは漱石だった。新潮文庫の「文鳥・夢十夜」。これをいまだに読了していない。表題の2作品は読めたが、その後に収録されている日記がいけない。全然読めない。
読めない第一の理由は、胃潰瘍で死にかけた後の、あまりにも気勢が上がらない筆致と暗い内容のせいなのだが、それだけではない。日本語が読みにくいのである。ものすごく面白ければ、勢いで読めるのだけれど、この内容でこの日本語だと、私の頭は読み解く努力ができなくなるらしい。
こんなオバンの私にとってすら、漱石の日本語が障壁になるのだから、まさに現代は「日本語が亡びるとき」なのかも。

で、オリジナルを直接味わうことなく、解説書や周辺の書に走るというのが、私のパターンなのであります。邪道だよなあ。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2009-09-27 14:51 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/12458361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケルン at 2009-09-28 00:27 x
私はその漱石の日記を読んだことがないのですが、日記は本来ひとに読ませるために書いたものではないはずだから、どんな大作家のものでも、おもしろいという保証はないのでしょう。
日々のよしなしごとをつづるわけで、どうしても淡々としてくるでしょうし。盛り上がりとか効果はねらっていないもののはず。本人が不調ならなおさら・・・
 私が作家の日記を読むときは、よほどその文章が好きでなんでも読みたい、かつ、そこまで好きな作家ならその人生のバックグラウンドも多少興味が出てくるので、実生活を知りたいというか、言葉はわるいけど覗き趣味のような関心もあって、のような気がします。
といって面白い保証はないので、読みながら寝てしまうことも多いんです。
Commented by foggykaoru at 2009-09-28 22:03
ケルンさん。
>言葉はわるいけど覗き趣味のような関心もあって
そういうの、よくわかります。
「漱石の孫」を読んでみた理由も、まさにそれですし。

眠れないときには漱石の「思い出すことなど」がお薦め。
たちどころに睡魔に襲われます(苦笑)
Commented by go_to_rumania at 2009-10-01 20:25
お久しぶりです!
読書の秋、そうそう、たくさん本を読まなくちゃ!読みたい!
最近は、話題の 1Q84を読みましたが、
これもよさそうですね :)
Commented by ラッコ庵 at 2009-10-02 08:04 x
これ読みました。
漱石の孫が、同時代人というのが不思議な感じがします。
漱石が今読んでもすんなり読めるのは、明治の人としては画期的に近代的な自我をもった人だったからだと思います。

この方の母方のおじいさん、三田平凡寺も有名な奇人?なんですよね。こちらは「不肖の孫」という本に詳しいです。
Commented by foggykaoru at 2009-10-02 23:10
go_to_rumaniaさん。
読みたいときが読みどきです。
1Q84はブームが過ぎたら読むかも?(笑)
Commented by foggykaoru at 2009-10-02 23:14
ラッコ庵さん。
日記はあんまりすんなり読めないんですけど(涙)
教科書に載ってたから読む気がしない「こころ」あたり、読んでみると面白いのかな。

夏目房之介さんの家系はなかなかユニークですよね。
ご両親どちらの系統にも、普通の勤め人がいないというあたり、どちらも普通の勤め人の家系から生まれた私としては、なんだかうらやましい気持ちがします。

<< 幸せはシャンソニア劇場から 天皇陛下の全仕事 >>