イギリスの霧の中で

永遠に「一瞬の風になれ」にハマっているわけにもいくまい、と、ちょっと努力して本来の路線(笑)に戻ってみました。

この本の副題は「心霊体験紀行」
1983年刊。
著者である三浦清弘という人は大学の英文学の先生。
家族や自身が霊感が強い(?)らしくて、その方面に興味を抱き、英国留学の際、そちら方面の団体の大会に参加したり、霊能者のデモンストレーションを見に行ったりしたのだという。

私は霊感ゼロでもあるし
ふーん そうなの
という感じで流してしまうような話が多かったけれど、断片的にツボはありました。

たとえば
イギリスのそちら方面の団体の人々は、まず「霊が存在しないことを証明しよう」と必死に頑張るんだそうです。
存在しないことが証明できなければ、存在する可能性がある、ということになるから。

また、そういった会合で質問するイギリス人というのは、とーっても感じが悪いんだそうです。
少なくとも著者はそう感じた。
・・・だからって何?と聞かないでください。なんとなく私にはツボだっただけだから。

一番のツボは(これは心霊ネタとはほとんど関係ないのですが)
イギリスの子どもたちというのは、日本の子どもとは違って、子どもだけでほうっておかれても、自然にみんな一緒に遊び始めないんだそうです。(最近は、日本の子どもも自分たちだけで遊べなくなってるかもしれないけど)
あと、イギリスではえてして、日本では考えられないような、しっかりものの姉が育つらしいです。年下のきょうだいの世話をかいがいしく焼いて、しかもそれを無上の喜びとするような。
そう、まるでスーザンのような女の子。

小学生のころ、ランサムを読んで違和感を抱いたのは、よその子どもたちを見かけたときの主人公の子どもたちの態度でした。非常に警戒心が強くて、まず排除しようとする。
日本の子どもだったら、知らない子がいたら、興味深深で「仲良くなれたらいいな」と思うのに、と。

でも、ランサムの子どもたちは、自分たちで思い切り遊ぶことを知っています。そこが異色?
でも、ただ追いかけっこやかくれんぼをするのではなく、「探検家」とか「海賊」というふうに役柄を設定した上で遊ぶところがユニーク? 
もしかして、そういうふうでないと楽しめないのが英国人気質?
そもそも、イギリスの親は子どもをほうっておかない。
著者は「うちの子は絶対に外では遊ばせない」なんて親に会って、仰天したそうな。
ウォーカー夫人のあのおおらかな態度は、生粋の英国人ではなくて、オージーだからこそなのかしら。


で、やっぱり、と言うべきでしょうか、この本はユーズドでしか入手できません。

今調べたら、この著者は「長男の出家」という小説で芥川賞を受賞した人でした。
ああ、あの小説ね。。。
「このモデル、もしかしたら昔のご近所さんなんじゃないかしらね。同じ大学の先生だし」と当時、母を言い合ったことを思い出しました。
[PR]

by foggykaoru | 2009-10-29 21:31 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/12782406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIKI at 2009-10-31 13:08 x
ないことの証明って無理だと思うのですが。。悪魔の証明じゃないですか。

子供達の話も興味深いですね。子供達を絶対外で遊ばせないって・・・日射量少なくて不健康そうですね。
Commented by foggykaoru at 2009-11-01 09:51
KIKIさん。
>悪魔の証明
だから、ってこともないかもしれないけれど、そういう集まりに来ているイギリス人というのは、かなり楽しくない人々みたいな印象を受けました。
同好の士であっても、児童文学好きの集まりとは全然雰囲気が違うみたいよん(爆)

>外で遊ばせない
もちろんそんな大おばさんみたいな人ばかりじゃないんですけどね。
そういう人もいて、それがひんしゅくを買わないらしいです。

<< フェルメール全点踏破の旅 一瞬の風になれ >>