風が強く吹いている

このところ、調子づいている私です。ブロガーズ・ハイ?(苦笑)

実は三浦しをん作のこの作品、数日前に読み終わってまして。
陸上関係の本も3冊目となると、それほど新鮮味を覚えずにあっさり読んでしまったのです。(この小説のファンでいらっしゃる旅する猫さん、ごめんなさい。)

まず、設定があまりにもマンガちっくすぎで、オバサンは引いてしまったのです。
長距離の天才の名前が「走(=かける)」ってのも、ちょっとねえ・・・。以前「DIVE」を読んだときに、「飛沫(=しぶき)」という名前に白けてしまったのと同じ。
私の好みは、「一瞬の風になれ」の新二と連みたいな、なにげない名前なのです。
でも、後半、箱根駅伝が始まると、選手たちの心の動きが丹念に描かれていたので、けっこう入り込めました。
熱帯雨林のレビューを読むと、陸上関係者からも高く評価されていますが、それはこのあたりがよく書けているからなのでしょう。

この本に関する情報はこちら


そして、原作にあまりのめり込めなかったからこそ、映画は楽しめるだろうと思いました。原作に対する思い入れが強すぎると、どんなふうに映像化されても満足できない。でも、この程度なら絶対に大丈夫なはず。
しかも、ロード・オブ・ザ・リングス、マスター&コマンダー、新撰組!など、今までに私がハマった作品と全く同じタイプ。つまり、男の世界、し・か・も・イケメン付き。これは絶対に好きになる!!

予想は当たりました。
かっこいい若者たちが汗を流して頑張っていて、楽しかったです。
しかも、原作で現実離れしすぎていて引いてしまった設定が、映画では改善されていました。(私は「改善」だと思うけれど、原作のファンがどう思うかはわかりません。)
遣都クンが相変わらずかわいいのはもちろんのこと、その走りの美しさに驚嘆。
そして、主人公のハイジ役がすごくうまい。苦労人らしさがよく出ている。はまり役です。
小出恵介って誰?と思ったら、なんとなんと、「のだめ」の真澄ちゃんだったのですね! Rookiesとか観てないので、ほんとにびっくりしました。

映画サイトのレビューを見ると「青少年向き」と書いている人もいるけれど、いやいやそんなことはありません。オバサンにも絶対に向いてます(爆)
[PR]

by foggykaoru | 2009-11-08 22:25 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/12892100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケルン at 2009-11-09 00:03 x
私も、まだ読んでも見てもいませんが、「走」でひっかかっていました。。
小出恵介くんは、のだめ後、いろんなドラマの、目立つ脇役(主役じゃないけど人気を集める)でけっこうあちこちに出ています。ね。

ふだんは必ず本を読んでから映画を見るのですが、どうしようかな。
Commented by むっつり at 2009-11-09 00:54 x
日本の映画やドラマって男の世界を描くのが苦手ですから、珍しいですね
むやみやたらアイドルの女の子をヒロインに使って、チープな恋愛で混ぜかえすのが作品に色を添える事と勘違いしていますから
Commented by foggykaoru at 2009-11-10 21:10
ケルンさん。
最近の本を楽しむには、その手の人物名に慣れないといけないのかもね。
原作、私は70点ぐらいです。「一瞬の」は100点満点だけど。
読んでから観ると、小説と映画の表現法の違いがよくわかって、なるほどなあと思ったりはできますよ。
Commented by foggykaoru at 2009-11-10 21:11
むっつりさん。
一応、女の子が色を添えてます。原作と同程度です。
原作がとても人気のある小説だから、そうそう改変できないんじゃないかしらね。
Commented by KIKI at 2009-11-12 20:33 x
えっ!かおるさんってイケメン好きでしたっけ?
って変なところに反応してしまってすみません(笑
Commented by foggykaoru at 2009-11-12 21:02
KIKIさん。
あら知らなかった?

そもそも指輪映画にハマったのは、フロド役のイライジャ・ウッドの存在が大きかったのです。
マスター&コマンダーはドクター・マチュリン役のポール・ベタニーで
新撰組! は土方役の山本耕史クン。
大河の1年後にスペシャルでやった「土方歳三最後の日」を観たとき、近藤勇役の香取クンがいなくても気にならなかった・・・というよりも、香取クンは自分にとって必要ないということが、よーくわかりました(爆)
Commented by Titmouse at 2009-11-14 12:00 x
私は今本を読んでいるところで、娘は映画を先日見てきました。
走はバッテリーの巧とイメージがちょっとかぶって、だから林くんなのかなとか思ったり、双子ってあの2人がやるんだろうなと思って読みながらついイメージしたりしてます。小出くんは「ごくせん」や「ウォーターボーイズ」の頃を知っているので(Rookiesも見たかったんだけど)、成長ぶりを見るのが楽しみです。子どもと学園ドラマを見ていると、若い子のその後の成長が見られて面白い(笑)。
11月末まで上映続きますよね(願)。
Commented by foggykaoru at 2009-11-15 11:46
Titmouseさん。
そう言われてみれば、走は巧と似ていますね。
でも、「DIVE!」のあの男の子(名前忘れた)は全然違うタイプだったような気がする。。。
とにかく、林クンの走りっぷりを見るだけでも、目の保養になるので、ぜひぜひっ!

<< シャーロック・ホームズ鑑賞学入門 英仏百年戦争 >>