世界一周ビンボー大旅行

下川裕治&桃井和馬著。
88年の世界一周ビンボー旅行をして、「12万円で世界を歩く」という本を出したコンビが、それから9年後の1997年、テレビ番組の企画として世界一周を再び行った記録。

「12万円~」の存在は知っているけれど未読です。
でも、何かと言うと「9年前はこうだった」という記述が出てくるから、こっちだけ読んでも2冊分楽しめる?というのは冗談だけど、読み応えがある。旅好き&海外事情に興味がある人にはお薦め。

コースは「船で上海→鉄道で北京→モンゴル→シベリア鉄道でモスクワ→ベルリン→パリ→ユーロスターでロンドン→空路でニューヨーク→グレイハウンド(バス)でロス→空路で成田」
しめて28日間。
別にスピードを追求しているわけではないので、連泊しているところもあるとはいえ、陸路にこだわるといまだにこんなに時間がかかるんだな。「80日間世界一周」以降、案外世界は狭くなってないような気がする。

バックパッカー界の大御所といえば、もう1人、蔵前仁一氏がいるけれど、あちらは「沈没」で名を売った人。
それに対して下川氏は、「移動」の中から垣間見る世界を描くという路線なわけで、つまりは身体を張った仕事ばかりで本当にキツそうだ。「御苦労様」と言いたくなる。

この本を読んで、今まで全然興味がなかったシベリア鉄道に乗ってみたくなった。楽しそうだからではない。その逆である。

しんと凍りついた世界(だいたいが、この旅は真冬に挙行されている。何を好き好んで?)の中で、家庭から持ち出した売り物を持って列車のつくホームにずらりと並ぶ寡黙な人々。売り物と言っても、ホームでの商売が禁止されているため、両手で持てるだけの、ほんのわずかなもの。警官が来たらポケットにしまって、「見送りに来ているだけです」というふりをしなくてはならないから。

今はどういう状況なのだろうか。
この目で見てみたい。
そして自分が何を感じるかを知りたい。
つきあってくれる人大募集!(爆)

この本、講談社文庫ですが、現在はユーズドでしか入手できないようです。


下川氏の他の本の感想文はこちら
「沈没派」蔵前氏の本の感想文はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2009-12-04 21:45 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/13146168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIKI at 2009-12-06 23:15 x
バンコクでの発行されてる雑誌やフリーペーパーには彼の文章が載っていることが多いです。未だに色々な移動を実施されててほんと年とったら腰とか痛いだろうにと感心すること多々です。
私も移動フェチなのですが、彼と同じことするの無理無理。

シベ鉄お付き合いしたいです~♪憧れの列車です。
Commented by foggykaoru at 2009-12-07 19:53
KIKIさん。
うわーい、同行者ができた~!!
どうせ寒いところに行くんだったら、思い切り寒いときのほうがいいのかなと思ったりして。
シベリア鉄道でモスクワまで行ってちょっと観光して、日本に帰るんだったら、1週間でも可能ですよね。
だったら年末でもできる! 
来年の年末あたり、どうですか?

下川さんは東南アジアと中国のプロだから、バンコク関係の記事の依頼が多いんでしょうね。
Commented by KIKI at 2009-12-13 21:56 x
レス遅くなりました。
えっわざわざ寒い時期に行かれるんですか!?
寒い時期にも興味ありますが。
ウラジオストックにもイルクーツクにも立ち寄りたいので私は1週間では無理そうです。どこかで列車乗り合わせられるといいのでが。
いずれにせよ年末はウサギがいる限りは無理そうです。
うーん。

<< 「テツ」の感想を知りたいです 川の名前 >>