世界の博物館

副題は「知と技の宝庫を訪ねて」

世界各地の28の博物館の紹介。
書き手が全部違うので、ばらつきがあり、退屈で斜め読みしたのもいくつかある。
特に面白かったのは
・ビクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム
・ドーバーのホワイト・クリフス館
・スウェーデン空軍博物館
・ロシア国立博物館
・ワシントンのホロコースト博物館
・エリス島移民博物館

書き手の力量によって面白く読ませるのが「ビクトリア~」
「スウェーデン~」飛行機オタクである著者が、ほとんど情報がないまま、手さぐりで行ったという、オタク探訪記である。「私も行きたい」とは決して思わないけれど、旅行記として面白い。
「ホロコースト~」は怖い。興味深いけれど、行きたいかときかれると、悩んでしまう。
「ホワイト~」は趣向を凝らした博物館らしい。ドーバー海峡を渡る船に乗った気分にさせてくれるというのがツボ。
「ロシア~」は、貴族の財宝がざくざくあるのだそうだ。将来モスクワに行ったら見るぞ。
「エリス島~」はアメリカ移民の入口であった島にある。船でやって来た人全員がここ経由だったわけではなく、1等船客は直接マンハッタンの桟橋から入国できた。つまり、ここでチェックを受けたのは貧乏人。「アメリカ社会の迷惑になる」と判断された人はそのまま帰国させられたのだそうだ。子どもが帰国する際は、1人で帰すわけにはいかないので、家族全員が帰ることになった。現在のアメリカ国民の4割の人の祖先がこの島経由である・・・という歴史が面白い。もしかして、将来ニューヨークを再訪することがあったら行ってみよう。そう言えば、自由の女神にさえ行ってないんだっけ。


あと、大英博物館。
ここには英国図書館が同居していて、岩波のランサム全集が開架に置いてあった。その写真を見せてもらったことがある。でもこの図書館はもう今は別の場所(セント・パンクロス)に移転してしまったのだそうだ。大英博物館に置いてあるのなら全集を見に行ってみてもいいかもと思っていたのだけれど。
図書館があったところを含め、2003年には大英博物館のリノベーションは終わる予定(この本は平成11年刊)なのだという。様変わりした大英博物館、それはそれで見てみたい気がする。
[PR]

by foggykaoru | 2010-01-31 08:27 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/13617357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Titmouse at 2010-01-31 23:13 x
大英博物館は昔行った時にはランサムの初版本がガラスケースの中に展示されていました。(前に書いたかもしれないですが。)今はどうなんでしょうね。
Commented by ケルン at 2010-02-01 23:23 x
大英博物館も大英図書館も行ったことがないのですが
大英図書館は、その大改装で建てられた円形の建築をぜひ見てみたいです。次回こそ、行こうっと。

(円形つながりで、ストックホルム市立図書館の本館も秀逸です)
Commented by foggykaoru at 2010-02-02 20:57
Titmouseさん。
へええ。
ランサムの初版本って(ランサマイト限定ではなく)英国人一般にとって重要なんですね。すごいなあ。
今はきっとセント・パンクロスの図書館のガラスケースの中にあるのでは?
Commented by foggykaoru at 2010-02-02 20:58
ケルンさん。
大英博物館の真ん中を占めていた円形の部分が図書館だったんですって。
今やそこも博物館になっているというので、どんな感じなんだか見てみたいですね。
Commented by KIKI at 2010-02-07 22:12 x
博物館を魅力的に紹介するのって難しそうですね。
個人的には日本語で案内してあるせいもあると思いますが、日本の博物館って結構レベルが高いところ多いと思います。
かおるさん、美術館だけでなく博物館も斬って下さい♪
Commented by foggykaoru at 2010-02-08 20:50
KIKIさん。
えっ、博物館を斬る?
うーん、それはかなり無理っぽいです。
私、理系のことに対する目を持ち合わせてないし、西洋史以外の歴史も弱いし。
美術館と本屋だけで勘弁してください(苦笑)

<< バチカン kermesse >>