中国の書店にて(6): 日本的児童文学

c0025724_20473610.jpg
中国における翻訳児童文学の現状第五弾。
英語がなくてもよくわかります(笑)

これもたぶん最近の翻訳。2005年当時には見かけなかったはず。
[PR]

by foggykaoru | 2010-02-19 20:50 | 児童書関連 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/13772651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2010-02-19 22:24 x
私の知っている数少ない日本の児童文学です
舞台が異国ですから、中国でも受け入れられるのでしょうか?
日本が舞台でしたら反発されていたでしょうね
Commented by KIKI at 2010-02-19 22:36 x
タイでもそのシリーズは翻訳されています。
先日私も久々にタイ語の方の児童文学チェックしてきました。
ランサムの続きはまだ出ていませんでした。
あれ一冊で終わってしまうんじゃないかと心配です。
Commented by hajjikko at 2010-02-20 00:02
宅急便は宅急便なんだねぇ。。。おもしろい。。。
中国でも"黒ネコヤマト"、シェア高いのだろうかぁ。。。(笑)
Commented by ラッコ庵 at 2010-02-20 09:35 x
hajikkoさんのコメントを見て思い出しました。
クロネコヤマトが最近中国で事業を拡大中というュース。アニメの「魔女宅」のときもヤマト運輸が協賛してたはずなので、これもタイアップだったりして・・・。
Commented by foggykaoru at 2010-02-21 10:34
むっつりさん。
なるほど、日本が舞台じゃないからいいのか・・・
「グーチョキパン屋」なんてどう訳しているんでしょうね。。。
Commented by foggykaoru at 2010-02-21 10:37
KIKIさん。
タイは日本のあとを追いかけて、かなり追いついている感じですよね。
中国がタイ並みになるには、国の体制が変わる必要があるんじゃないかと思ったりもします。
タイ語のランサムの今後はどうなるんでしょうね。
あの装丁、そしてあの置き方は、純然たる児童書と扱われてないような気がします。
Commented by foggykaoru at 2010-02-21 10:37
hajikko@kiri:さん。
ほんとだ、宅急便で通じるんだ・・・
Commented by foggykaoru at 2010-02-21 10:38
ラッコ庵さん。
へえええ、そういう事情があるのか。。。って決めつけてはいけないか。
Commented by ケルン at 2010-02-21 11:18 x
あっ、KIKIさんがキキちゃんの本にコメントしてる。。

キキは中国語でこう書くんですね。KIKIさん中国に行ってもだいじょうぶですね。

・・・くだらないコメント、スミマセン
Commented by foggykaoru at 2010-02-22 20:42
ケルンさん。
>キキは中国語でこう書くんですね。
って私も思った(笑)
他にも「キ」という発音の漢字はたくさんあるんだろうに、どうしてこの字が選ばれたのかな。

<< いよいよランサムの世界です 中国の書店にて(5):建設ラッ... >>