竪琴を弾く少年

c0025724_16184082.jpg「中国の書店」シリーズ、最終回。
危うく最大の発見を紹介し忘れるとことでした。
5年前に行ったとき、中国には(私の感覚では)翻訳児童文学は「ほとんど存在しない」という状態でした。
それが今やここまできてるんです。

竪琴を弾く銀髪の少年。


スーザン・クーパー作「闇の戦い」シリーズです。

最初に目についたのは、確か「樹上銀花」だったかと。
ええっ?まさか!と思ってよく見たら「灰国王」「緑妖婆」もあって、驚いたのなんの。

c0025724_1623525.jpg

「光の六つのしるし」の中国語タイトルは、メモすらしていないので、たぶん見当たらなかったのだと思います。

ナルニアはどうしても見つからなかったんですよ。
中国共産党の思想に合わないのかしら。
で、メジャーでない点では、ランサムとどっこい(苦笑)かもしれないこのシリーズが翻訳されているのです。
・・・売れるんだろうか?(爆)


ところで、ここまでご覧になって、中国の児童書の特徴に、お気づきになったでしょうか。

中国にはハードカバーの児童書というものは存在しません。
絵本もです。まるで何かの付録みたいで、非常に安っぽい感じです。
同じアジアでも、タイにあった絵本は、日本と同じようにハードカバーでした。

なぜなんでしょうね。
実利を重んじる国民性から来ているのかな?


「灰色の王」の舞台を訪ねたときの旅行記は、メインサイトの「児童文学の旅」にあります。
[PR]

by foggykaoru | 2010-02-27 16:45 | 児童書関連 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/13831593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by crann at 2010-02-27 17:26
中国児童書事情、おもしろいですね。
07年のSFワールドコンの際、デイヴィッド・ブリンというSF作家がゲストだったのですが、彼は中国で講演会をしてきたばかりだったので中国の文学というか小説事情を紹介してくれました。
中国では、SFとかファンタジーは大人の文学の範疇には考えられていない向きがあるそうです。
どうも実利の無いと判断されるものは軽視されがちなのか、児童書もその傾向にあるのかも。
それとも、経済上昇中の中国ではハードカバーよりもペーパーバック仕様のほうが断然売れるのかもしれません。
中国の文学事情は、銀の匙さんにぜひお伺いしなくちゃ!と思ってすっかり失念していたことで、foggyさんのクーパーレポを拝見して思い出しました。
銀の匙さん、ご覧になっていたらぜひ教えてくださいね!
(foggyさん、失礼しました!)
Commented by むっつり at 2010-02-27 20:51 x
ハードカバーは親から子に受け継げられるに相応しい装丁ですね
書籍の電子化は、そんな想いも霧散させてしまいます

今の中国人ってお金にしか興味しかない人が多いみたいですから、お金持ちになれるヒントにならない本は消耗品なんでしょうね
Commented by Titmouse at 2010-02-28 15:47 x
うわ~、なんかアニメチックな表紙絵・・・でも出版されているというのは喜ばしいことです。なんたって、プリンスエドワード島で出会った北欧の旅行者が「赤毛のアン」をまったく知らなかったというのに驚いたものだから・・・。
Commented by foggykaoru at 2010-02-28 18:05
crann@leiraniさん。
>どうも実利の無いと判断されるものは軽視されがちなのか
そんな感じ。なんかねー
日本みたいになんでも妙に豪華にしたがるのもどうかと思うのだけれど。
Commented by foggykaoru at 2010-02-28 18:06
むっつりさん。
中国人にもいろいろいる・・・と思いたいのですが、実際のところはどうなんでしょうね。
Commented by foggykaoru at 2010-02-28 18:12
Titmouseさん。
ホビットは見つけられないのに、なぜブラアンが・・・と、感動しながらも非常にオドロキました。

世界1「赤毛のアン」をよく知っているのは、カナダ人(プリンスエドワード島の人)以外には日本人だから。
・・・でも、アンを知らなくてなぜプリンスエドワード島に行くんだろ?
アンは一応フランス語訳もあって、知り合いのインテリの中高年フランス女性は「きいたことある」って言ってました。

<< 似てます?(2) いよいよオタク全開 >>