流転の王妃の昭和史

清朝のラスト・エンペラーは愛新覚羅溥儀。
その弟・溥傑に嫁いだ浩の自伝である。
こういう人の存在と、そして、政略結婚で結びつけられたとはいえ夫婦が仲睦まじかったということは知っていた。この夫婦の長女のことも。
それでも面白かった。真実の重みというか。
いちばん印象的なのは著者の品の良さかな。
それにひきかえ、関東軍って野蛮!

さりげなく語られている溥儀の不幸。
皇帝として権謀渦巻く中で育てられ、人を信じることができなくなっていったという。

巻末には夫の溥傑氏の文章も掲載されている。
日本に留学経験があるというが、日本人の書く文章とは違う。
私がフランス語を書くとこういう具合になるのだろうか。うーん。


ユーズドでしか買えません。
[PR]

by foggykaoru | 2010-03-15 20:29 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/13953410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabinekophoto at 2010-03-15 21:47
この本面白いですよね。
昔図書館で読んだ後で購入しました。
本とは関係ないですが、数年前にこれがドラマ化された時に、浩を演じた常盤貴子さんが二女のこ生さんの子供と小学校だか中学校だかで同級生だったという話をしていたのが記憶に残ってます。
冷静に考えたら年齢的にそんなもんなわけですが、歴史の中の人物と思っている人がそんなふうに日常生活に登場したらびっくりします。
Commented by むっつり at 2010-03-15 21:52 x
自己中心と言うか凶暴な子供と言うべき感覚は軍官僚に共通ですけれど、その中でも極端なのが関東軍でした
この鬼っ子のせいで大日本帝国は滅んだですけれど、どの戦記物を読んでも反省の弁を語られたものは私の知る限り存在しません

権謀術数渦巻く世界…一番のマキュベリズムは何もかも知っている上で天真爛漫に振舞う事かも?
まともに受け止めていると神経が壊れてしまいますね
Commented by foggykaoru at 2010-03-17 20:48
旅する猫さん。
へええ。偶然とはいえ、常盤貴子さんにとっては驚きだったことでしょう。
二女の方は関西に嫁がれたんですよね。
そういえば常盤貴子さんも関西でしたっけ。
Commented by foggykaoru at 2010-03-17 20:50
むっつりさん。
どの国でも、権力のトップなんかに生まれると、かえって不幸になりかねないような気がしますが、清朝の最後の皇帝なんかに生まれたのは、とてつもない不幸なのでしょうね。。。

<< 日本人の知らない日本語2 坊ちゃんの時代 >>