エマ

漱石が絶賛したというジェーン・オースティン原作の小説。
私が読んだのは阿部知二訳(中公文庫)。

「不機嫌なメアリー・ポピンズ」でさんざん例に挙げられていて、半分ネタバレ状態だった。しかも作者自身が「読者はこの主人公のことをあまり好きにならないだろう」と語っていたとか。なので、ぜひ読みたいと思っていたわけではない。でも古本屋で見つけたので、まあ読んでみようかなと思った次第。

読んでみたら、面白かった。
名作と呼ばれる作品は実際に読んでみるべきだということを再認識した。

確かに主人公のエマは、「プライドと偏見」とか「マンスフィールド・パーク」の主人公たちに比べたら、問題ある性格をしている。タカビーだ。中途半端に才気があって、自分が何もかも心得ていると思い込んでいる。

でも、憎めないのである。
それどころか、はっきり言って可愛い。
読んでいくうちに「エマ、いい子じゃん」という気持ちになっていく。

文庫で700ページもあるけれど、最初の20ページで結末が予想できてしまう。でも面白い。

人物を徹底して突き放して描いているところが心地よいのかも。でも、描き方が冷たいわけじゃない。むしろ愛情が感じられる。情に流されていないところがいいのかな。オースティンの作品の主人公の中で、いちばんオースティン自身に似ているのがエマだったのでは。

でも、いちばん心に残ったのは、なんとエマではなく、エマの父親・ウッドハウス氏だったりして。
ウッドハウス氏はおうち大好き人間で、やたらに心配症。
これが我が老父とオーバーラップしてしまったのである。
働く必要のないウッドハウス氏と違って、我が父は朝から晩まで働かなければ家族を養うことができなかったから、若いときはおうちにはいなかった。
でも、退職した今は、いつもおうちにいて、心配してもどうにもならない諸々の事柄について、やたらに心配して毎日を過ごしている。
洋の東西を問わず、さらには階級の違いを超えて、「老人」のひとつのタイプを描き切っているということなのかな。それがオースティンの偉大さなのかも。
[PR]

by foggykaoru | 2010-03-31 22:21 | 普通の小説 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/14068578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふるき at 2010-04-01 02:17 x
 『エマ』は『エマ』でも森 薫の『エマ』に嵌りました。
Commented by ラッコ庵 at 2010-04-01 08:40 x
最近、読みました。
読みとおすのは結構辛かったけど、私もエマかわいいじゃん、と思いました(笑)。
日本で言えば江戸時代に書かれたと思えば、ジェーンオースティンの人間観察の鋭さに驚かされます。

「バロンサツマ」は最後まで読めなかった(-_-)
内容は面白かったのですが、著者の語り口がどうも・・・そういうこともあるんだな、と思いました。
Commented by foggykaoru at 2010-04-01 20:36
ふるきさん。
アマゾンで「エマ」を検索したら、そっちのがたくさんヒットしたので、そういう作品の存在を初めて知りました(^^;
Commented by foggykaoru at 2010-04-01 20:39
ラッコ庵さん。
私も一気というわけにはいきませんでした。
最初50ページぐらい読んだところでぱったり止まって、しばらくしてからまた最初から読み直したんです。

バロン・サツマも一気じゃなかったんですよ。
あれも数十ページ読んだところでぱたっと止まって。
特に前半がいけませんでした。
パリに行ったあたりから読めるようになった、というのは、やっぱり私がフランス好きだからなのかしらね。

<< 魔法ファンタジーの世界 シャーロック・ホームズ観ました >>