英国湖水地方

副題は「ナショナル・トラストの聖地を訪ねる」
著者は小野まりという人。英国在住で、すでに何冊かナショナル・トラスト関係の本を書いている。
写真いっぱいのガイド。文章はそれほど多くない。

表紙にはピーター・ラビットがいるし、帯の紹介文に出てくるのもポターとワーズワース。
どうせランサムは出てこないんでしょ!と、すねながらページをめくっていったら、おお!
ランサムに4ページも割かれていて、しかも内容が的確。
ARCの紹介記事もあり、URLも書いてある!

というわけで、ランサマイト必見です。どうせなら買いましょう。

ランサム以外の個人的なツボは、最初の「湖水地方へのアクセス」のところ。
「湖水地方にいちばん近いマンチェスターへは直行便はない。乗り継ぎはヒースローに限らず、パリなど周辺諸国から行く方法もある」などと書いてある。
小野さーん! もしかして、私の聖地巡礼記を参考になさいましたか?(爆)

この本を読んで・・・正確には、見て・・・思いました。
湖水地方はランサムだけじゃないんだな、って(苦笑)
だからって、別にヒルトップに行きたいわけじゃないのです。
ランサムでもポターでもワーズワースでもない湖水地方も素敵そう。
いつの日か湖水地方に長期滞在して、フットパスをのんびり歩いてみたい。
メインは車でないと無理だけど。
・・・一緒に長期滞在してくれるドライバーは見つかるかしら?

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-06 21:57 | 児童書関連 | Trackback | Comments(18)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/14112944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Titmouse at 2010-04-06 22:35 x
この本ほんとうに素敵ですよね。まだはじめのほうしか読んでないけど、現地をよ~く知っている人が書いたって感じ。「この農家に行ってみたいなあ」などと思ったりしました。
ARCのことはTARS経由で知ったのかなあ。連絡を受けた人はその辺の事情を知っているかな?
Commented by hajjikko at 2010-04-06 23:56
湖水地方、ずっと行きたいけど、行けてない。。。
行こうと思うと、別のとこへの浮気心が・・・(笑)
いつかきっと行くであろうガイドブックとしてよさそう。。。
買おう。。。で、ピーターラビットの挿絵と同じところで
なりきり写真、いつか撮るんだぁ。。。(絵本全部もってる...ahaha)
Commented by むっつり at 2010-04-07 06:33 x
熱帯雨林で注文しました
やはり気になりますので…
Commented by tabinekophoto at 2010-04-07 14:38
ランサム以外の湖水地方にも本当は興味があります。
ウィンダミアやコニストン以外の湖をもっと見てみたいと思ったりしますが、やっぱり車が必要ですよね…。
Commented by foggykaoru at 2010-04-08 20:48
Titmouseさん。
>現地をよ~く知っている人が書いたって感じ。
ほんとうにそういう感じですね。
>ARCのことはTARS経由で知ったのかなあ。
ランサムのことを知っていて、ネットをやっていれば、ARCにたどり着くのは簡単なような気がするけれど。
Commented by foggykaoru at 2010-04-08 20:50
hajikkoさん。
まあ、湖水地方は年をとってからでも行けますけれど、フットパスを歩きまわって、石(スレート)の写真を撮りまくる体力があるうちのほうがいいかもです(爆)
Commented by foggykaoru at 2010-04-08 20:50
むっつりさん。
買って正解です。
ランサマイトは必見、必読、必携帯!
Commented by foggykaoru at 2010-04-08 20:52
旅する猫さん。
>本当は興味があります。
「本当は」の「は」に、ちょっとウケました。
ランサム命、コニストン至上主義に思われているけれど、本当「は」他も見たいんですよね(^^;
Commented by garden_time at 2010-04-08 21:52
本屋で見かけたらちょっと見てみます^^
次に夫とイギリスに行くなら、車を借りて湖水地方がいいなと思っているんです。
夫はウサギもワーズワーズも(申し訳ないけど)ランサムも関係ないから、・・・行ったら、なにを見たいって言うかしら?(笑)
私はバターミアとコニストンに行きたいです。
かおるさんの、あのバターミアの表現はヤバイですもん(笑)なにがなんでも行きたくなっちゃいます。
Commented by Titmouse at 2010-04-08 23:10 x
ネットでARCを見つけただけで本に載せようと思うかなあ。現地でランサム関係の取材をしていてARCのことを聞いたっていうほうがありそうな気がします。
Commented by luna at 2010-04-09 07:38 x
うちにも本が届きました(^^) なかなか素敵です。
Low Yewdale Farm Cottageの説明もランサムでしたよ。

湖水地方では、WastwaterとかEskdale(だったかな)の鉄道がよかったですよ。
それにHardknott Passも。スコットランド風、というか(笑)
公共交通機関&歩きだけだったときは、Derwent watertとか、Watendlathがよかったです。
またあちこち探検したいな〜
Commented by AngRophile at 2010-04-09 16:03 x
ダーウェントいいですねぇ。サールミアとアルズウォーターもよかったです。長期滞在いいですね。でも、わたしも運転できません(自爆)。
Commented by foggykaoru at 2010-04-09 21:45
はみさん。
そうそう、バターミア。
ランサムじゃない湖水地方も私は知っていたんだ(笑)
あそこは素敵ですよ。
でも1回目は雨の中、2回目は夕暮れ。
いつか、晴れている日に行ってみたいです。
Commented by foggykaoru at 2010-04-09 21:47
Titmouseさん。
>現地でランサム関係の取材をしていてARCのことを聞いた
なるほど、それはありそう。
きっともともとランサムのことはある程度知っていたのでしょうね。
Commented by foggykaoru at 2010-04-09 21:51
lunaさん。
>Low Yewdale Farm Cottageの説明
えっ、それ何ページですか?
Commented by foggykaoru at 2010-04-09 21:53
あんぐろふぁいるさん。
確かテレビドラマの「ツバメ号とアマゾン号」でダリエンとして登場するのがダーウェントでしたっけ?
なかなか素敵そうですね。
Commented by むっつり at 2010-04-10 17:57 x
本が届きましたので毎晩眺めています
98ページのB&Bの紹介の筆頭はLow Yewdale Farm Cottageですね
何度見ても見飽きません
楽しい本を紹介していただき有難う御座います
Commented by foggykaoru at 2010-04-12 21:17
むっつりさん。
私もしょっちゅう眺めています。
>98ページ
おお、そこでしたか!!
この建物はハリハウでもベックフットのモデルでもないのです。
何だったっけなあ・・・。
タイソン農場・・・かな?

<< コロボックルとピーター・ダックな1日 怖い絵 >>