どこの旗だかわかりますか?

c0025724_11515716.jpg

ボツ写真ではありません。メインサイトの写真にちょっと手を入れた写真です。
ヨーロッパのケルト7カ国(正確には「国」ではないけれど)の旗です。
全部わかったあなたは偉い! 絶対マニアです(爆)

正解を知りたい方はメインサイト→えせバックパッカーの旅日記→ケルト旅行記へどうぞ。

写真提供はゆきみさんです。ゆきみさん、メルシー。
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-18 11:56 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/14194450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ポラリス at 2010-04-18 13:19 x
Foggy Scillyさん、アホイ!

全部わかる人、やっぱりいるんでしょうか?(いるんでしょうねえ・・・)

私は4つまででした。
ウェールズとマン島がわかってしまったのはかなりマニアック?
Commented at 2010-04-18 19:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KIKI at 2010-04-19 19:30 x
下の方のオレンジ、白、緑のやつ、一瞬インド国旗かと思いました。
色合い同じだけど何か関係があるのかしら?
Commented by foggykaoru at 2010-04-19 21:38
ポラリスさん。
4つというのも多いと思いますよ。
しかもわかった地域がかなりマニアック(^^;
Commented by foggykaoru at 2010-04-19 21:39
鍵コメさん。
おおっ、6問正解とは!
さすが!
Commented by foggykaoru at 2010-04-19 21:41
KIKIさん。
ティティはうたがわしそうに言った。
「フランス旗は縦に赤・白・青じゃなかった?
 あれは横にならんでいるわ」
「オランダだ!!」
の反対です(笑)
インドのは横にならんでいますよね、確か。
そして真ん中の白いところにごちゃごちゃと模様がついてます。。。
Commented by ケルン at 2010-04-21 00:34 x
アイルランドの両側はわかりませんでした。
とくに左側の、何かおとぎ話にでもでてきそうですね。
Commented by hajjikko at 2010-04-21 02:28
おらも4つ。。。
マン島のは、靴無し(ネタバレかぁ...ahaha)バージョン、
シチリアの紋章(州旗)になってて、
金属の手裏剣みたいなおみやげ、買ってきたなぁ。。。
どこいったべ。。。(爆)
Commented by とーこ at 2010-04-21 12:47 x
 ウェールズとスコットランドに旗があるのはサッカーの国際試合とかで知ってましたが、イングランドの中にあるマン島とコーンウォールにもこういうものがあるとは、初めて知ってちょっと感激しました。
 ガリシアも、ここってスペインの中でも独特らしいですね(ショーン・ビーンのTVドラマの原作となったスペイン舞台の歴史小説にでてきます)やっぱりそういう由縁があるのですか~、うーん、言われるとなるほどー、と思い当たるフシありありで、私的にはとってもとってもためになりました。ありがとうございます。
 あとロリアンってね、200年前の海洋小説ファンには聖地なのでいつか行きたいと思ってるところなんです(ブレストとロリアンね)。お宿情報、将来の参考にさせていただきます。港の写真が見られて嬉しいです。感謝感謝。
Commented by foggykaoru at 2010-04-21 20:51
ケルンさん。
なんだかんだ言ってみなさんすごいです。
私なんか、ちゃんとわかったのはスコットランドとアイルランドだけだったんですよ。
ブルターニュはたぶんこれ、っていう感じで当たったんですけど。
Commented by foggykaoru at 2010-04-21 20:52
hajikkoさん。
シチリアの旗ってそういうのなの? 知らなかった~
Commented by foggykaoru at 2010-04-21 21:02
とーこさん。
ブレストとロリアンは軍港ですよね。
どちらも第二次世界大戦で大きな被害を受けたため、古いたたずまいは残っていないようです。

フランス語版ランサムではロリアンが登場するんだそうです。
詳しくはRobert Thompson氏のHP「The Children's books of Arthur Ransome」へどうぞ。

<< この春、お薦めの映画はこれ コロボックルとピーター・ダックな1日 >>