ウィーン・都市の万華鏡

池内紀著。音楽之友社の音楽選書。絶版状態のようです。

旅行準備の一環として読みました。この人の本なら間違いないと思って。
期待通りでした。

ウィーンというのは、ウィーンナ・ワルツの都。
典雅とか優雅、そして軽い。ドイツの重厚さとは違う。
そのあたり、パリと共通しているんだな
とか
その軽さこそが、近代において花開いたヨーロッパ文化なんだろうな
とか
改めて感じ入りました。

具体的なお役立ち情報もありました。
それはオペレッタの代表的作品の解説。
実はウィーンでは楽友協会、シュタッツ・オーパーだけでなく、フォルクス・オーパーのオペレッタのチケットも手配したのです。
ところがこれが「ほほえみの国」という知らない演目でして、いくらオペレッタは軽くて内容が薄いからって、ドイツ語だし、何も知らないで観て大丈夫なのかいな?とちょっと不安に思っていたのです。

でも、最大のツボ、というか、びっくり仰天な話は別のところにありました。

それはヨハン・シュトラウス親子の話。
「父ヨハンは家庭人として失格者で、この親子は絶縁状態だった」というのは「のだめ」ファンならよく知っている話ですが、それだけじゃなかったのです。
息子ヨハンは父親の気質を受け継いで、かなり神経質だった。
たとえば鉄道恐怖症!!だった。
「鉄道に乗るぐらいだったら死んだ方がマシ」と言っていて、トンネルや鉄橋では、床に横になり、死体のように耐えていたんですと!!!
[PR]

by foggykaoru | 2010-10-23 20:24 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/15338193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2010-10-23 21:32 x
飛行機が亜登場するまでは大量輸送に伴う大事故と言えば船か列車でしたから
某ナルニア国物語でも、実は兄弟達は列車事故で死んでいた、と言うオチでしたし…
日本の新幹線は事故を起こしていないので(最近の一般の電車の大事故は尼崎の事故ぐらい)、意識していませんが欧州では最新鋭の車種でも結構事故を起こしているみたい…
まして、ヨハン・シュトラウスの時代でしたら神経質な人でしたら列車は嫌がったでしょうね
汽車の煙は咽を刺激しますし、音も騒々しい…トンネルで嫌がったのは納得します
Commented by foggykaoru at 2010-10-24 11:13
むっつりさん。
このエピソード、「のだめカンタービレ」のファンにはもんのすごいツボなんです。
きっと原作者は知っていたんだろうな。。。
Commented by ふるき at 2010-10-24 22:13 x
 どの本だったか忘れましたが、19世紀末のウィーンに書かれた本の引用がありました。
 ウィーンはオーストリア人よりもそれぞれの民族衣装を着た様々な人々が目立っていて、現代でも見られないコスモポリタンな街がったとありました。音楽家の出身地も様々だったのでしょうか。
Commented by foggykaoru at 2010-10-25 20:58
ふるきさん。
>音楽家の出身地
きっと様々だったのでしょうね。
少なくとも、モーツアルトはザルツブルク、ベートーベンはドイツのどこか(爆)です。
Commented by tabinekophoto at 2010-11-09 19:52
『微笑みの国』をご覧になるんですね。
私これの曲が大好きで、いつかフォルクスオーパーで観てみたいと思ってます。
昔ブダペストの由緒正しいカフェでお茶していた時に、タイミング良くこの作品の「りんごの花の冠を」という曲が演奏されたのは、これまでの旅で感動した瞬間の両手ぐらいには入るかもしれません。
Commented by foggykaoru at 2010-11-09 21:45
旅する猫さん。
おお、『微笑みの国』は名曲ぞろいなのですね! 
ますます楽しみになってきました。
Commented by AngRophile at 2010-11-10 10:53 x
レハールは日本では、鑑賞教材のワルツ「金と銀」くらいしか聞かれませんが、「微笑の国」は代表作だと思います。といいつつ自分は聞いてない(自爆)。

オペレッタの全曲はなかなか聞く機会がないので楽しんでくださいね~。
Commented by foggykaoru at 2010-11-11 22:19
あんぐろふぁいるさん。
レハールといえば「メリー・ウィドウ」だと思っていたんですけど。
他に私が知っているオペレッタは、「こうもり」と「チャルダッシュの女王」です。
「チャルダッシュ~」は、この前ウィーンに行ったとき・・・と言っても、もはや四半世紀前です・・・に、シュタッツオーパーで観たのです。
Commented by AngRophile at 2010-11-12 10:50 x
おお、そんなのもあった(笑)
シュトラウスは「ジプシー男爵」が好きです。
あまのじゃく?
Commented by foggykaoru at 2010-11-12 21:20
あんぐろふぁいるさん。
>ジプシー男爵
見たことないので、反応できましぇん。。。(;_;)

<< プチ・ニコラ ミックマック >>