小さいおうち

実家に行ったら母に「『ちいさいおうち』、読んだ?」と聞かれて、「もちろん」と答えたのだが、どうも話がおかしい。よくよく聞いてみたら、バージニア・リー・バートンの絵本『ちいさいおうち』(←大好きな作品です)ではなくて、直木賞を受賞した中島京子という人の『小さいおうち』のことだった。
全然知らなかった。
新聞とっていない私はそういうニュースに疎いのだ。

で、(暇だったもんで)その場で一気読み。

メインは太平洋戦争前に東京で住み込みの女中をしていた女性の回顧録。
「庶民の目から見た昭和史」みたいな感じで、それはそれでなかなか興味深いのだけれど、別に面白くてやめられないというほどではない。

それが最終章でがらりと変わる。
「だから直木賞取れたんだ」と納得した。
一種の謎ときみたいな、でも謎は謎として残るという、ドキドキする結末が用意されている。ここの部分だけもう一度読み返してしまったほどだ。

相当資料を調べて書いたんだろうな。
それに加えて、当時の生活感を教えてくれる人が身近にいたのかもしれない。

というのは、当時を知る母にとっても、違和感なく読めたらしいから。
ただ、「女中部屋が2畳で、女中専用のトイレがある」というのに驚いたそうだ。
戦前母が住んでいた家の女中部屋は3畳で、トイレは家族と兼用だったとか。
そのあたり、意識して「特別仕様の家」を描いたのかもね。


以下は母から聞いた話。

しがない勤め人だった母の父(つまり私の祖父)だが、それでも住み込みの女中を1人雇っていた。
母の叔父にあたる人は、商人として財をなしたその父(つまり母の祖父、私の曽祖父)の唯一の息子として遺産をそっくり引き継いだため、かなりのお金持ち(なにしろヨットを持っていたのだ!)で、住み込みの女中を3人抱えていた。
その中で一番年かさだったのが「みつ」さん。
年頃になって郷里に帰り、農家に嫁にいった。
戦争中、母一家は焼け出され、ほんのいっときだけだが、そのみつさんを頼って疎開した。
疎開先で再開したみつさんは、見る影もなくやせて、げっそりやつれていた。
「農家の嫁」の置かれた立場、その仕事の過酷さが、子どもだった母にもなんとなくわかったそうだ。
戦争が終わって数年後、みつさんが亡くなったという知らせがあった。
「女中は肉体労働とは言っても雑巾がけする程度だから。思えば東京で住み込みの女中をしていた頃が、みつさんの生涯における『華』だったのよ」


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2010-10-30 10:22 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/15373095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふるき at 2010-10-30 10:52 x
 母方の祖母が大阪に奉公に行っていました。明治30年生まれですから明治末期~大正のあたりだと思います。その当時の事は残念ながら訊いていなかったのですが、大正時代が良かったとは話していました。
Commented by サグレス at 2010-10-30 14:05 x
何だか懐かしい感じ。
母方の祖父母の家には、祖父母の郷里から「東京に出たい」という女の子たちが住み込みの女中さんとして常に2、3人はいました。家事と行儀作法の仕込みのほか、お花やお茶などの習い事を1つ身につけさせ、東京でお嫁に出すまでが、祖父母の役割だったのです。私も小さい頃にそういうお姉さんたちに面倒を見てもらいました。

母の娘時代には祖父母の家(杉並の辺境)は何もない所で、新しく来た女中さんが「東京だというから来たのに、これじゃ大田原の方がまだ都会だ!」とぷんすか怒って帰ってしまったこともあったそうです(笑)。
Commented by むっつり at 2010-10-30 18:18 x
私の去年亡くなった祖母も神戸に奉公に行っていました
でも、その頃の話をまったく語りませんでした
あまり良い思い出ではなかったのでしょうね
Commented by naru at 2010-10-30 23:27 x
お母様と本の話ができる、っていいですね。

大人向けの日本の小説を、kaoruさんが評するって、珍しい気がします。
Commented by foggykaoru at 2010-10-31 08:06
ふるきさん。
大正時代は「大正デモクラシー」という言葉があるように、いちばん明るさがあったんでしょうね。
Commented by foggykaoru at 2010-10-31 08:09
サグレスさん。
そうそう、そういうノリ。
女中を雇うということは、田舎から出てきた女の子の、一種の「東京の親」になるということだったみたいです。
Commented by foggykaoru at 2010-10-31 08:11
むっつりさん。
奉公に行った家と、嫁ぎ先の、どちらが居心地がよかったかというのは、人それぞれなのでしょう。
でも、戦前の田舎の農家の嫁は、多くの場合、都会の女中よりもつらい立場だったのではないかと。
Commented by foggykaoru at 2010-10-31 08:19
naruさん。
うーん、、、母の思い出話をきいただけで、本自体の話はろくすっぽしてないんですけど。

たまたまこの本があったから読んだということですよ。
社会人になってから10年か15年?ぐらいまでの間は、普通の日本の大人の小説ばかり読んでいました。
でもその後、読書傾向が変わりました。
「事実は小説より奇なり」という思いが強くなるとともに、フィクションに対する興味が薄くなっていったのです。
児童文学は、、、一種のライフワーク?(笑)
読んだ本の感想文は必ずココに書きます。そうしないと忘れるから(自爆)

<< わんぱく天国 フランス人、ちゃんと仕事してます >>