わんぱく天国

佐藤さとる著。
佐藤氏の作品はランサマイトの間で人気があります。佐藤氏自身がランサム好きだということに対する仲間意識だけでなく、その代表作「だれも知らない小さな国」などに、イギリスファンタジーに通じるものを感じるからなのでしょう。
などと偉そうに言ってる私ですが、「だれも知らない~」1作だけしか知りません。
私自身の本ではなく、8歳離れた弟の本棚にあったのを読んだのです。
高校生か大学生のころ、子どもの本に夢中になる年代をとっくに過ぎていたのですが、「ふむ、これは悪くない(←これまた偉そう)。日本の児童文学もようやくこういう作品を生みだすようになったのだな」と感慨を覚えたものです。

この作品は佐藤氏の忘れ去られた名作なのでしょう。
なにしろ絶版です。
近々予定されているランサムのイベントの「課題図書」になったので、近所の図書館で借りようと思って検索したら、閉架でした。
予約してまで読むのはめんどくさいなーと思っていたら、なんと友人が持っていたのです。

さっそく貸してもらって読んでみたら、、、
なるほど、課題図書になるだけのことはある。

全編、子どもの遊びです。
佐藤氏の子ども時代、つまり戦前の男の子たちが、心ゆくまで遊びまわっている。その遊び方が微に入り細に入り説明されている。まさにランサムの世界!

巻末の著者略歴を見たら、佐藤氏は1928年生まれ。父の世代です。
この年代でランサムを知っているとは。

ちなみに、友人は、この本を仏文科の卒業研究に選び、フランス語訳したんですと!
めちゃくちゃ難しくて後悔したそうです。
確かに遊び方や、遊び道具の作り方の細かい説明を、正確に翻訳するのは大変そう。


神宮輝夫氏も大変だったんでしょうね。ランサムの細かい説明の日本語訳。
[PR]

by foggykaoru | 2010-10-31 08:49 | 児童書関連 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/15377997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HEARTY at 2010-10-31 11:01 x
コロボックルシリーズは、妹が私のランサム並にはまっていたので、私も借りて読んだなあ。独特の挿絵とセットで懐かしいです。
わんぱく天国は未読なの。イベントにはいけないけど、読まなきゃ。
Commented by foggykaoru at 2010-11-01 20:47
HEARTYさん。
なにしろ絶版だから、見つかるかな?
でもきっと図書館の閉架にあります(苦笑)

<< カフェ・ロッテンマイヤー 小さいおうち >>