イサナと不知火のきみ

ファンタジー好きの若い子が貸してくれた本。
著者はたつみや章という人。

主人公イサナは綿津見一族の長の血筋に生まれた娘で、すぐれた巫女。
なのに男勝りで、「結婚なんかしないわ!」とかのたまいます。
将来は船長になりたいんだと。

ナンシイ・ブラケットのファンのみなさん、どうです?(笑)

で、彼女のそばにはかっこいい男子がおります・・・ってことで、ファンタジー好きの女の子の心がわしづかみにされるのはよくわかります。

しかし、最後まで読んだら、完結してないんです。
続きも読めって? はいはい、わかりました。
楽しい本ですよ。ほんと。
でも私は日本の古代にそれほど心惹かれないという、けしからん日本人でして。
どうせ読むのだったら、ケルト・ファンタジーのほうがいいなあ。
でも、こういう本を読んだ子が、日本史が好きになるのも、いいことですよね。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2010-11-21 16:52 | 児童書関連 | Trackback(2) | Comments(12)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/15490541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Sea Songs at 2010-11-21 22:38
タイトル : イサナと不知火のきみ
たつみや章さんの本で、しかも海洋冒険ものだという、とても嬉しい本です♪ 男の子の... more
Tracked from コリちょこ at 2010-11-22 22:17
タイトル : 6/12「イサナと不知火のきみ」
いやー さすが熊本在住!タイトルからしてそうなんだけど、舞台はこの辺。 うれしい... more
Commented by Titmouse at 2010-11-21 22:42 x
TB送りました♪ 楽しい本ですよね。あれ、1冊で終わらないのかって私も驚いたのでした。
たつみやさんは、古代ものもいいんだけど、「ぼくの稲荷山戦記」等の現代ファンタジーの印象が鮮烈で、文庫版が出た時買っちゃいました。
Commented by naru at 2010-11-21 23:07 x
>ナンシイ・ブラケットのファンのみなさん、どうです?(笑)

つまり 私に勧めてくださっている のですね?

どうも日本の歴史ファンタジー系は不得手で・・・
だってバルサ大活躍の守り人シリーズだって挫折したものですから(って、舞台は日本っていうわけではないですかね、たしか)
Commented by foggykaoru at 2010-11-22 20:13
Titmouseさん。
おお読んでいらしたんですね。さすが!
この若い子、そのうちにTitmouseさんにお引き合わせしたいです(笑)
Commented by foggykaoru at 2010-11-22 20:17
naruさん。
>どうも日本の歴史ファンタジー系は不得手
私もおんなじですう。
嫌いというわけじゃないけれど、積極的に手が伸びないというか。

>守り人シリーズだって挫折した
私もおんなじですう。
挫折というよりは、1冊、神宮先生の解説付きだというのにつられて文庫を読んで、なるほどファンがたくさんいるのはわかる!と思ったけど、それきりになっているということなんですが。
Commented by よきし at 2010-11-22 21:02 x
僕は日本のファンタジーも大好きです。たつみや章さんは、わりと児童文学の中では月神の統べる森とかえぐいところまでしっかりと書くことで語る人というイメージがありますね。
上橋菜穂子さんなら獣の奏者がすごいです。
Commented by こり at 2010-11-22 22:17 x
この本の舞台は家のそばなので余計浸って読めました。
ナンシイとは思いつかなかったなぁ。未熟者です、私。
私もTBさせて下さい。
じゃあね
Commented by foggykaoru at 2010-11-23 21:36
よきしさん。
おおっ! 
えぐいってどういうことなんだろう・・・・読めばいいのか(笑)
上橋さんもちゃんと読まなくちゃだわ。
Commented by foggykaoru at 2010-11-23 21:38
こりさん。
おおっ!
この本、有名だったんですね(汗)
そりゃまあ男勝りで船が好きというところ以外にはナンシイとの共通点は無いですけど。
TBありがとう♪
Commented by Titmouse at 2010-11-23 23:47 x
その若い子に、会報43号の「私の好きな本リスト」を見せてもらってもいいかも(^^)。
私はアーサー王伝説とか北欧神話とか何度読んでも頭に入らないものだから、日本のファンタジーは基礎知識があって実感としてわかって楽しめるのがうれしいです。
Commented by がんだるふ at 2010-11-24 19:51 x
ども、また現れました。
日本神話×ボーイミーツガール?と聞くと荻原規子さんの勾玉三部作が浮かぶ私です。
やはり中高時分にハマっていた記憶が...
そして同時期、O・R・メリングも若干集めていたような...
懐かしい。

今、遅ればせながらナルニアをDVDで観ておりまして、こちらの過去記事で"エドマンドもえ"というツボはアリなんだと知って、ひと安心です(笑)
そして、原作を読み返そうとしたら「カスピアン」だけ持ってないことに気付いて吃驚。
当時の、指輪>>>別世界>>ナルニア、という重きの置き方がこんなところにあらわれていました(笑)
Commented by foggykaoru at 2010-11-24 20:56
Titmouseさん。
43号を見たら、、、
Titmouseさんと一緒に行ったときの私の聖地巡礼記が載ってました。。
見せたら私の正体バレるじゃん(苦笑)

私、日本の基礎知識が足りないのかも。
Commented by foggykaoru at 2010-11-24 20:59
がんだるふさん。
勾玉も有名ですね。私の周囲で評判いいです。

ナルニアを見た中高生は、どっちかというとピーターもえ。
オバサンはエドマンドもえが圧倒的です。
がんだるふさんもこっちの人なのね。ふふ。

遅まきながら、ナルニア映画、第3作ができるようで。
エドマンド、老けちゃってなければいいんだけど。
(ルーシイはどーでもよいのだ(爆))

<< ロシアは今日も荒れ模様 「フランス語版のだめ」のインデックス >>