ザルツブルグ・コネクション

年末の旅行の勢いで、ちょっとオーストリアづいています。

これは1968年に発表された作品なので、当時の世界情勢が反映されています。
「南チロル問題」なんて全然知らなかった。読んでからネットで調べてしまったよ。。。

ナチスの秘密文書を手に入れようとする陣営の戦い。
その内訳は、
ナチスの残党
ソ連のスパイ、すなわちKGB(←なつかしい音の響き)
中国共産党のスパイ
CIA
ちょこっとスイス警察も顔を出し、
そこにアメリカ人の弁護士が巻き込まれる。

面白かったです。
ときどきどれがどれだかわからなくなったけど(苦笑)

著者のマッキネスはスコットランド生まれの女性だそうで。
ザルツブルクの雰囲気を味わいたくて手にとったのですが、その欲求は満たされました。
あとがきを読んだら、この人はいわゆる「旅情派」らしく、英米でもそういう意味合いで読まれることが多いとか。でも他の作品は翻訳されていないんだろうなあ。

この小説は映画化されていると聞きました。
検索してみたら「もしかして ザルツブル・コネクション?」と聞かれました。
ええっと思って書名をよく見たら、「ザルツブル」じゃなくて「ザルツブル」だったのでした。
慌ててタイトルを訂正したわたし・・・
でも、Salzburgの語尾のg(もっと正確に言うとドイツ語の単語の語尾のg)は無音化して「ク」になるのに。
「地球の歩き方・オーストリア編」を見たら、さすがに「ザルツブル」となってました(^^;


以前読んだ「砂州の謎」と同じく筑摩書房の「世界ロマン文庫」の中の1冊。当然絶版。
2冊読んだ限りで、このシリーズ、悪くないみたい。他のも読んでみたくなりました。

スパイ小説と推理小説は違うのだけれど、「推理小説」カテゴリーにしておきます。
オーストリアとドイツは違うのだけれど、ナチス関連ということで、タグは「ドイツ(語)」にしておきます。
[PR]

by foggykaoru | 2011-02-01 21:13 | 推理小説 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/15854033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケルン at 2011-02-01 23:11 x
おもしろそうですね。
60-70年代には、こういう骨太な感じの本がよく売れたんですね。
今はなんだかスピードで消費するだけの本ばかりな感じ。
このタイトルのつけかたは『フレンチ・コネクション』と同じなんですね。だったらほんとうは形容詞で「ザルツブルガー」となりそうだけど・・・(重箱の隅)
Commented by naru at 2011-02-02 10:46 x
去年から ちょこっとザルツブルク付いているところなので、
読んでみたいです。
が、行ったこと無い人には わかりにくいでしょうか?
(手元に「地球の歩き方」を置きながら読む、とか?)

そうそう、午前十時の映画祭 で「サウンドオヴミュージック」が
映画館で再上映されるようですよね。
Commented by foggykaoru at 2011-02-02 22:12
naruさん。
地図をたどっていかないと話が見えない、、なんてことはないので、大丈夫だと思いますよ。
なんとなく古い小都市の雰囲気が感じられるという程度なので。

午前十時の映画祭、行けたらいいんだけど。
Commented by foggykaoru at 2011-02-02 22:18
ケルンさん。
この本、長いのですが、そこがいいです。
こういう話で短かったら、ただ筋を追っているだけのゲーム感覚の本になってしまう。

原題は The Salzburg connectionでした。
Salzburgerは一般的でないから形容詞にしないのかな?
Commented by AngRophile at 2011-02-03 10:48 x
さらに重箱。
Salzburger は英語じゃないのでは?
さらに、Wienerisch では「サ」ルツブルクですね(^^;
Commented by foggykaoru at 2011-02-03 22:33
あんぐろふぁいるさん。
あはははそうだそうだ。
パリジャン・コネクションなんて言うはずないですものね!!

Salzburgの語頭の発音は・・・フツーのドイツ語でいいことにしときましょ。
Commented by ケルン at 2011-02-03 23:33 x
あれれ?
英語でSalzburgerとは言わないか、そういえば・・・ (レベル低)

パリジャンは、人だけじゃなくて形容詞になるんですね(メモ)
Commented by foggykaoru at 2011-02-04 21:35
ケルンさん。
ハンブルクはハンバーガー・コネクション?(爆)

parisienはParisの形容詞。大文字のParisienは「パリの人」
フランス語は形容詞が名詞の後ろに置かれるから、二重に「パリジャン・コネクション」はあり得ないのです。。。
Commented by fu-ga at 2011-02-05 19:26 x
出遅れたけれど、面白そうですね~
絶版なんですか????がーーーん。
Commented by foggykaoru at 2011-02-06 10:08
fugaさん。
このシリーズは見るからに古い感じの装丁だし、絶版だと思います。
でも図書館にはあるかも。

<< リンボウ先生 ディープ・イング... トラファルガーの海戦&アッシャ... >>