テルミン

副題は「エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男」
著者はテルミン奏者・竹内正実氏。

この本を手にとったのは、も・ち・ろ・ん 『のだめカンタービレ』の影響です。

2000年刊。
その10年後にテルミンが登場する映画がつくられ、その演奏を依頼されることになろうとは、著者も予想だにしていなかったことでしょう。

テルミンの発明者であるレフ・テルミンの人生は、ソ連邦の歴史に重なる。
1896年生まれで、幼いころから抜きんでて優秀で、特に物理と音楽が得意だった。
レオナルド・ダ・ヴィンチような万能の天才だったそうな。
青春真っ只中のときにロシア革命を経験し、ロマンに燃えて赤軍に入る。
できたての楽器テルミンをレーニンはいたく気に入った。
アメリカに紹介され、脚光を浴びるが、その後、悪夢のスターリン時代がやってくる。
苦労しつつもなんとか生き抜いたレフ。
ペレストロイカ以降、「あのレフ・テルミンが生きていた!」と(おもにアメリカで)話題になる。
亡くなったのは1993年。

スターリンというのはなんてひどい奴なんだろうと、今さらながらに思った。
手あたり次第の粛清。
誰でも命を落とす可能性があった。

竹内氏によると、テルミンはシンセサイザーの先駆けなのだそうだ。
だが、誰が演奏しても同じにできるという、現代の最先端のデジタル楽器とは正反対に、テルミンは非常に演奏が難しいために、忘れ去られかけた。
ところが、その後、音楽の潮流が変化する。
今や、「誰がやっても同じに弾ける」のではつまらない、努力して演奏技術を磨かなければならないというところがいいのだ、という考え方になりつつあるのだとか。

そりゃそうだ。
努力して、少しずつ練習の成果が現れてくるのが、面白いんですよね。

とはいえ、テルミンは依然としてマイナーな楽器です。
「メジャー」には永遠にならないと思う。。。
そういう摩訶不思議な楽器があるということだけは、以前からなんとなく知ってはいましたが。

こんな楽器を登場させた『のだめ』ってすごいなと、改めて思いました。
23巻の巻末に豆粒ほどの文字で参考文献がぎっしりと書かれていますが、あれで全部ではないのではないかと思ったり。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2011-02-18 20:57 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/15939347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふるき at 2011-02-20 21:26 x
 大阪大学教授の菊池氏(物理学)もテルミン奏者でバンド活動をされています。テルミンはそちらで音を出した経験があります。
Commented by AngRophile at 2011-02-21 10:18 x
少し前に発売の「おとなの科学」かなんか、でっかい付録付きの雑誌(ムック)にテルミン付いてました。
Commented by Titmouse at 2011-02-21 19:42 x
息子の好きなバンドpillowsのライブでテルミンが使われています。DVD見て「これ何の楽器?」と息子が聞くので、「これ読めばわかる」とちょうど借りてたのだめを渡したのでした(^^;;。
Commented by foggykaoru at 2011-02-21 20:44
ふるきさん。
おお、テルミン演奏経験があるなんてすごい!!
Commented by foggykaoru at 2011-02-21 20:46
あんぐろふぁいるさん。
雑誌の付録!! テルミンってそんなに簡素なものなんですか?
っていうか、いくら簡素でも、付録として付けてしまおうと考える人がすごいのかも、。
Commented by foggykaoru at 2011-02-21 20:46
Titmouseさん。
あら、それまで息子さんは読んでなかったんですか?
ちょっと意外。。。
Commented by tabineko at 2011-02-23 20:07 x
pillowsが出たならこれもいいかな。
BUCK-TICKのライブでもよく使われています。「よく」っていうか、ライブでテルミンが全く使われないことってないかもしれません。テルミン搭載のギターとかも作ってたりして。
なので、その筋では(ちゃちなのも含めれば)親しみのある楽器って感じです。ちなみに私も大人の科学の持ってます^^;
他だとコーネリアス小山田圭吾もテルミン文脈(?)でよく名前が挙がりますね。どちらも90年代からの使用だと思います。
Commented by foggykaoru at 2011-02-23 21:28
旅する猫さん。
そうか!!
原作者の二ノ宮さんはロック好きだから、そっち方面からテルミンを知ったのね。
Commented by luna at 2011-02-23 23:30 x
うちにも「テルミンを弾こう!」かなんかのムックの付属の、おもちゃのようなかわいいテルミンあります。なかなかうまく調節できず、まったく弾けませんw
Commented by foggykaoru at 2011-02-24 22:13
lunaさん。
映画でヤドヴィを演じたフランスの女優は、テルミンに悪戦苦闘したそうです。
見るからに難しそうです。

<< セーヌの帆船 たぶん誰にもわかってもらえない土産話 >>