異変の原因

おとといから当ブログのアクセスが異様に伸びています。
いったい何が原因かと、検索ワードを調べてみたら・・・
「松露とり」がトップ。
でも、実質的なトップは「スーザン」です。「ナルニア スーザン」と「ナルニア国物語 スーザン」を合わせると、当ブログの1日平均アクセス数をはるかに上回ります。
世の人々の心を揺さぶるのですね、あのスーザン。

せっかく飛んできてくださったのに、ナルニアブログじゃなくてごめんなさい。
せめてもの罪滅ぼしとして、ウィーンの書店で撮ったナルニア関連の写真のご紹介。

c0025724_10205156.jpg店員さんに気付かれないように、ノーフラッシュであわてて撮ったのでひどいピンボケで、これ以上大きくできません。


映画公開に合わせてこういう表紙の本が出ること自体は驚きではないのですが、本を開いてみてちょっとびっくり。

c0025724_10294872.jpg

本自体はちゃんとした翻訳本。なのにところどころに映画の写真のページがある。
日本だったら、映画関連の写真はあくまでも映画のムックでしか見られませんよね。

c0025724_10333219.jpgこちらは7巻ボックスセット。背表紙のデザインが工夫されていて、「NARNIA」と読めるようになっている。7巻で6文字だから最初のNで2巻分。


年末のパリ・ウィーンの旅の顛末は、メインサイトで連載中。
ナルニアのナの字も出てきません。
出てくるのは「の」の字だけですので、あしからず。
[PR]

by foggykaoru | 2011-02-27 10:47 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/15980531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2011-02-27 12:17 x
今、映画がヒットしていますし、宣伝の為か第一章と第二章がテレビで放送されましたから。
それりしても「松露とり」と呼んだのは映画の中では一回だけの様な気がします。
皆さん、気になったのでしょうね
Commented by foggykaoru at 2011-02-28 20:22
むっつりさん。
今日もいつもよりアクセス多いです。

テレビ、一応観てました・・・
というより、いろいろやりながら聞いていた、という感じでしょうか。
エドマンドの「ぼくは王。ピーターは一の王。ややこしいよね」のところはやっぱり原語のほうがいいなと思いました。
「松露とり」を聞いただけで理解できる人は原作既読者だと思うのですが。。。もしかして、テロップが出たのでしょうか。
Commented by むっつり at 2011-02-28 20:34 x
テロップは気づきませんでしたが、出ていたのでしょうね
「しょうろとり」なんて馴染みのない言葉は聞き取れませんよね
「朝びらき丸」といい独特の訳語の世界ですから
Commented by foggykaoru at 2011-02-28 20:50
むっつりさん。
「しょうろ」を漢字変換しても「松露」は出ませんものね。
私の辞書が馬鹿なのかもしれないけれど。
Commented by むっつり at 2011-02-28 22:19 x
私のでは一発変換できますが…
念の為に、クグッたら二番目に2008年6月30日のブログが出てきますね
一番目はウィキペデアですが…
Commented by ふるき at 2011-02-28 23:38 x
 「松露」とは何かを『旅とら』の掲示板に書き込んだのを思い出しました。
Commented by foggykaoru at 2011-03-01 20:13
ふるきさん。
えーっ・・・そうでしたっけ?
ごめんなさい。最近すっかり記憶力が落ちていて。私の頭、やがいです。
Commented by foggykaoru at 2011-03-01 20:14
自己レス。
「やがい」じゃなくて「やばい」です。

<< ソーシャル・ネットワーク ヴェルサイユ宮殿に暮らす >>