冬の水練

南木佳士のエッセイ集。

医師と小説家という二足のわらじをはいて頑張ったあげく、パニック症候群になった著者が、ゆるゆると書きためた文章の中から選んでエッセイ集としてまとめたもの。
しみじみとしていて、なるほどと唸ってしまうところが数々ある。
私は気に入りました。
人生を半分以上生きたと思っている人にお薦め。

「病気の苦しみは、病気になってみなければわからない。
医者は健康でなければやっていけない職業。
だから、医者は患者の苦しみがわかっていない」
と、病を得た著者は悟ったそうだ。

そうなんですよ。
医者さんは丈夫だから、身体が弱い人のことがわからないんです。
私は大病こそしたことがないけれど、生まれつき風邪体質で小児科のお得意さんでした。
とにかく風邪が怖い。
だから医者になんて絶対になりたくなかった。風邪をうつされて、患者よりも悪くなるにきまってる。
そんな心配をしたことのない、健康な人が医者になるんです。
だから今も、医者の言葉を信じないわけではないけれど、割り引いて聞きます。
「お風呂は大丈夫ですよ」と言われ、それを信じたために、何十回具合が悪くなったことか。
丈夫な人なら大丈夫なことも、弱い人にはダメなんです。
たかが風邪っぴきでもそうなんだから、重い病気の人のことなんか、健康な医者にわかるはずがない。

この本に関する情報はこちら

======

昨日、スーパーに行ったら、低脂肪タイプだけど、牛乳がありました。よかった。

今日の経済活動:
仕事がはやく終わったので、帰宅途中に本屋に寄りました。
残念ながら読みたい本はなかったのですが、カフェでケーキと紅茶。

原発の冷却化にようやく道筋が見えてきた感じ。
それに伴って、普通のテレビ番組が増えてきたのが嬉しいです。
昨日までは、あまりにも気分が滅入ってしまい、今まで観たことのなかったTOKYO MXという局のアニメに救いを求めていました。「らんま1/2」というアニメ。あれ、いったいどういう設定なんですか?
[PR]

by foggykaoru | 2011-03-19 21:47 | エッセイ | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/16075303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふるき at 2011-03-20 00:07 x
 男のらんまが水を被ると女体化する設定です。

 生まれてこの方、入院なし、怪我で縫ったのは掌の4針のみ。20数年間病欠なし、旅行でも腹を壊さない。目と頭と花粉症は悪いけれどこんな奴は患者の気持ちを察する事は出来ませんね。
Commented by garden_time at 2011-03-20 00:15
「らんま」は父親と中国で修行中になにかがあって、
水にぬれると女に、お湯で元の男に戻る体になったんじゃなかったかな?
・・・20年位前に漫画で最初のほうを読んだだけだから、
ちょっと記憶がおぼろげですが。

私も今日は久しぶりにカフェでお茶しました。
たまにはいいものです。
Commented by むっつり at 2011-03-20 01:23 x
らんまは高橋留美子さんの漫画です
うる星やつらやめぞん一刻ほど有名じゃありませんが…
本当は少年ですが、中国奥地の泉の呪いで水が掛かると少女に、そしてお湯で少年に戻れると言う変身能力を手に入れたと言うギャグ漫画です。同じ理由で父親はパンダに、他にシャンプーやリンスといった変身能力をもったキャラが多数…

医師になる人って収入と社会的地位が目的のような人が多いような…
訴訟騒ぎのリスクを避けるために手術の必要のない心療内科を目指す学生が多いのだとか?

春は体調を崩しやすいのでお気をつけて下さい
Commented by ラッコ庵 at 2011-03-20 07:36 x
「らんま1/2」
伝説の泉がたくさんある中国の呪泉郷で、格闘技の修行をしていたらんま親子。そこで父の玄馬は熊猫溺泉(パンダが溺れた泉)に落ちてしまい、水をかぶるとパンダに、むすこの乱馬も娘溺泉(若い娘が溺れた泉)に落ち、水をかぶると女の子になる変身体質になってしまった(お湯をかけると元の姿に戻れる)。
この親子が日本に戻って娘が3人いる天道道場に居候することから起こるドタバタ喜劇、ってところでしょうか?
そういえば最後どうなったのかなあ???
Commented by foggykaoru at 2011-03-20 09:34
うわっ、みなさんありがとうございます。
水をかけると女の子になるのはわかったのですが、お父さんがいきなりパンダなのが???でした。
そういういきさつがあったんですね。

>医師になる人って収入と社会的地位が目的のような人が多いような…

南木さん自身もそうだったと告白しています。
もちろんそうでない人もたくさんいるでしょうけれど、私の周囲にはそのタイプがかなりいます。
父親が医者で、子供を何が何でも医者にしたがる人とか。
中にはものすごく人を見下していて、「医者以外は職業に値しない」ぐらいに思っている人もいるような。
悪かったわね医者でなくて。

<< アメイジング・グレイス だれも知らない小さな国 >>