ロビンソン・クルーソー

ランサムに出会う前に1度読んだきりのこの本、ウン十年ぶりに読んでみました。
『ツバメ号とアマゾン号』で、ティティが「この本には無人島で必要なことがすべて書いてある」と言って、島にキャンプに行くときの荷物に入れるのですが、なるほどねえと納得しました。まさに「ハウツー無人島暮らし」です。
それに加えて、「余はいかにして良きキリスト教徒になりしか」と名付けたいような部分もある。
さらに漂流する前の部分。「経済学の教科書としても使える」と聞きました。私が読んだのは抄訳(福音館文庫)なのですが、それでもなるほどと思いました。

子どもの頃に読み返そうとは思わなかった。
その点についても納得しました(苦笑)

完訳読むべきだったかな。
[PR]

by foggykaoru | 2011-03-28 20:12 | 児童書関連 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/16114051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2011-03-28 21:27 x
学校は某底辺校でしたが、経済学部でしたのでゼミで使っていました
バランスシートやリスク分散と言った経営学を実践している、たった一人での経済モデルと言う非常に珍しい事象です
ただの空想物語ではなくて、実話を下敷きに書かれた話ですから
経済学では理論を検証するのにモデル化という方法をとりますが、簡素化の為に貿易をなくしたり、産業の数を極力減らして考えやすくするのですが、この場合、たった独り(フライデーが登場するのは経営が安定してから)で経済活動をしていますので、産業革命を起こした英国人の気質と関連づけて論じられていたのを覚えています
Commented by foggykaoru at 2011-03-29 08:59
むっつりさん。
そう、この本が経済学の教科書として使えるということは、むっつりさんからうかがったのでした。
ロビンソン、あったまいいですねー
Commented by KIKI at 2011-03-30 22:02 x
私も大人になってから読み返したのですが、無人島以外の部分を読んで、ロンビンソンって運もいいけど(難破が多いから運悪いとも?)商才ありすぎって感心しました。
1年限定で(+最初から一人じゃなくて)ロビンソンクルーソーごっこやってみたいものですw
Commented by foggykaoru at 2011-03-30 22:12
KIKIさん。
>商才ありすぎ
まったく同感。陸(おか)に居続けたら、大成功者だったのに。
でも、そういう人だからこそ、あれだけの無人島暮らしができたのかなとも思いました。

>ロビンソンクルーソーごっこ
面白そうだけど・・・風邪引いたらアウトだからやめときます(苦笑)

<< 夏の節電対策として 日本経済に貢献できたかな >>