ヴォイス

『西のはての年代記』の2作目。

若干SFの匂いがした前作とは違い、こちらは100パーセント、フォークロアっぽいファンタジーなので、ほっとしました。
そして、前作では抑圧のタネが父親で、「少年の苦しみと成長」がメインだったのに対し、こちらは侵略者からの抑圧に耐える民の話。このほうが気が楽でした。
どうやら、自分の内にある問題よりも、外的抑圧のほうが、まだ耐えられるようです。(こう感じるのは私だけなのでしょうか、それとも一般的にそうなのでしょうか?)

敵である侵略者も、主人公の側も、のっぺりと一面的でないところがいい。

そして、タイトルともなっている『ヴォイス』、つまり声。つまり語ること。
何かを語る声が、ここぞというときに、どれほど力を持つか。
難局においてリーダーに求められる資質のひとつなのでしょう。

注:このへん脱線です。作者がこの本にこめたことは多岐にわたっていうので、興味のある方はご自分で読んでみてください。
それにつけても我が国のリーダー、語れませんなあ(ため息)
今の日本に必要なのは、まともな語り部なのだと、実感しました。
(まともじゃない語り部は不要。それは単なる扇動者。)


まだ3作を読んでいないから、早すぎるかもしれませんが、あえて言ってしまいましょう。
このシリーズは、多感な10代にこそ読んでもらいたい。
普通にファンタジーだと思って楽しみながら読んでいるうちに、心の中に「知」の種が播かれることでしょう。それは教科書や授業では、おそらく教わることがない、深い「知」なのです。

でも、というより、だから、あまり私の好みではないのです。
人生後半にさしかかったオバサンには、そういうことすべてが透けて見えてしまう。それがうるさいのよ。身も蓋もなくてゴメンね。

この本に関する情報はこちら

===========

ここから後も脱線。
本とは直接関係ないのでご注意ください。

日本には、ビジョンを語り、将来へ導いてくれる人がいない。

昔から「日本は国民は優秀だけど、トップがダメ」という話はありましたが、福島原発問題を通じて、そのことが全世界に知れ渡ってしまったんじゃないかと。

今まで数十カ国を旅して、いちばん優しい人々に出会ったのはミャンマーでした。
「こんなに優しい人たちが、なぜ軍事政権にひどい目に遇わされなければならないのか?」という疑問を抱き、「もしかしたら、優しいからこそ、いいようにやられちゃうのではないか」と思いいたりました。
そして、その思いは自然に我が日本へ。
「日本の場合、国民が真面目でおとなしいから、リーダーが育たないんだろうな」と。
理屈っぽくて自己主張の強い国民を抱えた国(たとえばフランスね)のリーダーは、普段から自国民に鍛えられてるから、良きにつけ悪しきにつけ、リーダーらしさが身に備わっているのではないかと。サルコジは嫌いだけどさ。
[PR]

by foggykaoru | 2011-04-14 20:04 | 児童書関連 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/16190521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラッコ庵 at 2011-04-14 22:50 x
日本には、明治維新とか、本当の国難の時にはしかるべきリーダーが現れる。今の政治家がダメなのは平和だから・・・と前は思っていたのですが、それなら今こそがその時。でもそれは断じてイシハラ某とかではないと思う・・・。
Commented by Titmouse at 2011-04-14 23:19 x
ふ~ん、そうなんだ~。
私は素直に読んで感動したけど、たぶん精神年齢が実年齢に(はるかに)ついていってない(^^;;からなんだろうなあ。
Commented by naru at 2011-04-15 00:06 x
kaoruさん、 たしかに日本には強いリーダーが生まれにくい理由は
おっしゃる通りかも。

自我が強いというか、ミーイズム満々のアメリカ国民も、
当然強いリーダーじゃないと抑え切れない、ですよね。
理屈っぽい、かどうかは ちょっと?ですけれど。
Commented by foggykaoru at 2011-04-15 23:03
ラッコ庵さん。
某都知事じゃないことは確かです。
Commented by foggykaoru at 2011-04-15 23:04
Titmouseさん。
この本読んでこんなこと感じるのは、時節柄かもよ。
それにそういうテーマじゃないしね。

私の感想文は非常に偏っているので、この本のことを誤解する人がいるかも。追記しておこう。
Commented by foggykaoru at 2011-04-15 23:08
naruさん。
ミーイズム。そうですね。
わからなかったら質問してくださいと言われたら、予習せずに全部先生に質問する人たちですから。
私がその昔、ドイツで席を並べたアメリカ人はそういう人だったんです。
授業を台無しにされたことは今も恨んでるよん。

<< パワー ギフト >>