神かくし

南木佳士著。

前にも書いたと思うけど、著者は高校の先輩。だからちょっと贔屓してます。ご本人はあの高校にまったく愛着を覚えていないんだけど。

例によって、不景気な話ばかりの私小説集。
こういう本は、若いころはまず手にとらなかった。
でも、イイ年になってくると、こういうのも嫌でなくなってくる。
イイ年になっていても、まだまだ体力に満ち溢れた人には向かない(苦笑)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2011-05-24 19:35 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/16373560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 阪急電車 ダーウィンの足跡を訪ねて<追記あり> >>