図書館戦争 別冊Ⅰ・Ⅱ

本編の各章の間・前・後のさまざまなエピソード集。

Ⅰのほうは、「ベタ甘注意」のラブコメ。原作者による二次創作(爆)という趣です。
私は熱帯雨林のレビューを前もって読んで覚悟していたので、十分楽しむことができました。

柴崎のその後が気になる人は「Ⅱ」まで読まなければならない。

このシリーズを全く受け付けなかった(のに最後まで読んだんだそうな。根性あるなあ。もしかしてM?(爆))友人に「面白かったよ。マンガみたいで」と言ったら、「マンガのほうが上だわ」と、けちょんけちょん。
でも「もしも連ドラだったら毎週楽しみにして観るだろう」という点において意見が一致しました。

もともとのコンセプトが「月9」だったというのだから、大成功作というべきなのでしょう。

友人がヒロイン郁役として推すのは榮倉奈々。
そして「手塚役は向井理くんかなと思うんだけど、ちょっと年取りすぎかな」などと。
・・・恋愛ベタな手塚が向井くん? むしろ彼には手塚兄役がぴったりだと思うんだけど、、それにはまだ10年早いか。現時点での兄役は谷原章介でキマリ。
堂上(背が低めで硬派なイケメン)役とか、柴崎(小柄で超美人)役はさっぱり思いつかないのですが、脇を小劇場出身の達者な俳優で固めて、はっちゃけた演技をさせたら、絶対に面白いドラマになりますよ。
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-17 21:38 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/17105608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆきみ at 2011-11-18 10:12 x
こんにちは。
「全く受け付けなかった」というほどではなく、楽しくは読んだんですよ。単に相性が悪いのでしょうね。
まわりの友人から「Mだ」と言われたのは、「もしド@」を「歯を喰いしばって」最後まで読んだ時です。
相性がものすごく悪くても、どう合わないかを知りたいときは頑張って読んじゃいます。「忙しいくせにナニやってんだ」とよく言われます。(苦笑)

キャスティングは楽しいですね~~ 30歳位のイケメン君がたくさんいるので選り取り見取りです。
Commented by foggykaoru at 2011-11-18 22:29
ゆきみさん。
>楽しくは読んだんですよ。
うっそーーー、最初のポストの翌朝、ものすごい勢いでやってきて、「あんなもん読んだの?!」的なこと言ったじゃないですかーー!!
で「別冊なんか読んじゃダメっ!」って。
ちょっと怖かったわよ(爆)

>キャスティング
柴崎役候補のAKBの子って何て名前ですか?

ゆきみさんのお嫌いな2人の女性に関してですが、
若いほうのあの彼女、本編まではどうってことなかったけれど、別冊にまで出てくるとしみじみうんざりしてきました。もうあんたは出てこなくていいよって感じ。
でも中年の彼女のどこが嫌なのかは、いまだにさっぱりわかりませんです。
Commented by ゆきみ at 2011-11-19 23:57 x
AKBの子は大島優子(字あってるかな)さんです。でもでも、本日年齢確認して、榮倉奈々と二歳差だとわかったので、北川景子(字あってるかな)さんを一押しにします。

中年の二人は、「別れても好きな人」オーラがうっとうしいんです。もっと大人になろうよって思う。

二巻くらいまでは勢いで楽しくは読んだけど、最終的に大人の人にはお勧めしないです。別冊まで読むとげっそりしませんか?
「ハリポタ」はあまり責めないように努力しています。
「図書館」はどこがイヤなのかを箇条書きにできるけど、カオルさんが楽しく読んだと言ったので少し反省して、キーキー言わないように努力します。(あまり言うと自分のオタク度がバレますし)
「も@ドラ」は…努力できない…です。
Commented by foggykaoru at 2011-11-20 00:37
ゆきみさん。
大島優子って、今ドラマに出てる子ですよね。あれは鼻低いし美人度がぜんぜん足りません。北川景子ならいいですね。身長160センチだって。(今調べた)

>「別れても好きな人」オーラがうっとうしい
へええええ。わからないなあ。

「別冊」はあくまでも「別冊」。本編と同じに扱うものじゃないと思います。
でも文庫6冊なら勢いでいけます。
ハリポタもそのぐらいの量だったら勢いで読めたんですけどねえ。

>オタク度
あっ・・・ゆきみさんって、もしかして軍オタ?
戦隊ものとか詳しいですよね。

前から出てる「も@ドラ」、何のことだかわかりましぇん。。。
Commented by ゆきみ at 2011-11-20 17:50 x
いや、軍は帆船時代の英国海軍でお願いします。だから、「テメレア戦記」は大好物です。

「もしドラ」は、もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーを読んだらとか何とかいう小説です。結構な話題作でした。いろいろ反省しまして、「もしドラ」だって、小説だと思うからいけないんであって、ビジネス書だと思えば中学・高校生あたりにはおもしろいかもしれません。

日々偏屈な老婆になりつつあるので気をつけます。
Commented by foggykaoru at 2011-11-20 19:47
ゆきみさん。
>「テメレア戦記」
今、珍しく小説づいているところなので、読んでみようかな。

ああ、あの本のことだったんですね!
うんうん、あれは小説として読む本じゃあないんでしょ。って読んだことないんだけど(苦笑)
Commented by Titmouse at 2011-11-20 21:14 x
この前ゆきみさんに会った時に話した印象から、「評価が今ひとつ」の友人はゆきみさんじゃないと思ってました~(笑)。
ドラマのキャスティングも面白いけど、アニメが結構よかったから私はそれでいいかな。
も@ドラもアニメで見ただけです(^^;;
Commented by foggykaoru at 2011-11-21 20:11
Titmouseさん。
ご明察!(爆) 
アニメ、面白かったんですか? DVD観てみようかな~

<< 1911 図書館戦争シリーズ2・3・4 >>