週末アジアに行ってきます

下川裕治著。ユーズドでしか売ってません。

忙しい社会人、それも(元)バックパッカーのために「週末(+せいぜい1日)」でアジアを楽しむ方策を語った本。
2004年刊とあって、飛行機の手配に関する情報はもう古いだろうけれど、現地の動き方は今もたぶんかなり参考になるのでは。

印象的だったのは
1.タイ
バンコクからローカル線でほんの1時間か2時間のところにある、何十年前から変わらぬユルーい風景を見に行く。めちゃくちゃ旅情をかきたてられた。でも、この旅は私にとって敷居が高い。タイ語で切符買えないし。(筆談だってできやしない)

2.中国
これはできそうな旅。大連から北朝鮮国境へ行って、川向こうの風景を眺める。
川沿いのホテルの部屋には、双眼鏡が置いてあるんだとさ。
やるならたぶん今のうち。

3.沖縄
沖縄の「おばぁ」、つまりおばあちゃんたちに会いに行く旅。相当強烈らしい。しかも、沖縄は路地裏が面白いらしい。

4.韓国
これもなんとかできそう。ガイドブックにも載っていないような島に行く。
・・・でも、おんなじような楽しみ方は、瀬戸内海あたりでもできるんじゃいかという気がしないでもない。
[PR]

by foggykaoru | 2011-12-04 11:18 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/17166911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆきみ at 2011-12-04 14:48 x
沖縄の路地裏はいいですよ。
那覇市の真ん中あたりでも、いい感じの路地裏が。そしてほのかに流れるサンシン(沖縄三味線)の爪弾き…
個人的には暑い暑い夏の沖縄が好きです。
Commented by foggykaoru at 2011-12-04 21:48
ゆきみさん。
そんなにいいんですか?!
路地裏マニアとしてはとても気になります。

ゆきみさんのおかげで、サンシンというと、「根性」を連想してしまう私です(爆)
Commented by ふるき at 2011-12-04 23:16 x
 ヤンバルで、おばあさんの言葉が全く理解出来ず、おばさんに間に入って貰って通訳して貰った。ヤンバルは南とはかなり違います。
Commented by sugachan2 at 2011-12-05 22:15 x
foggyさんがアジアにちょっと出かけたのかと思いました。
初めて沖縄に行ったとき、路線バスでおばあに話しかけられて意味がわからず、とんちんかんな会話をして近くにいた女子学生に爆笑されたことがあります。。。
Commented by foggykaoru at 2011-12-05 22:16
ふるきさん。
「ヤンバル」って何ですか?
Commented by foggykaoru at 2011-12-05 22:18
sugachan2さん。
>foggyさんがアジアにちょっと出かけたのかと思いました。
ふふふ。

沖縄の「おばあ」に、ますます興味が湧いてきました。
Commented by ふるき at 2011-12-06 09:57 x
 すみませんでした。「ヤンバル」は沖縄本島北部の山がある地域です。「ヤンバルクイナ」等が棲息しています。
 その沖縄本島最北端集落である「奥」での体験です。
Commented by KIKI at 2011-12-06 13:28 x
私もえっ?週末アジアに行ってきたの?珍しい!なーんて思っちゃいました。
下川さんの旅エッセイは短い時間でいかに旅(移動距離や密度)をするかって話が多くて、面白いですよね。
Commented by foggykaoru at 2011-12-06 20:21
ふるきさん。
「ヤンバルクイナ」の「ヤンバル」だろうな、とは思ったのですが。
沖縄に限らず、「奥」の言葉は違うでしょうね。
Commented by foggykaoru at 2011-12-06 20:22
KIKIさん。
そんな厳しい旅、私の体力じゃできませんよ(苦笑)

バンコクからのローカル線の旅、KIKIちゃんだったら楽勝ですよね。いいなー

<< テメレア戦記Ⅰ(追記あり) オペラ座の怪人25周年記念公演... >>