映画『ジェーン・エア』

英国っぽい気分に浸れるかなと思って観てきました。
その期待は100パーセント満たされました。

荒涼たるムア。
広大で豪華だけれど寒々しくて暗いお屋敷。
嫌味な貴族。さげすまれる家庭教師。

そして粗食!!

こういうのは英国の本物のお屋敷で、英国の俳優が演じてこそ。
(とか言いつつジェーン役な英国人じゃないけど)

あまりにも有名な原作。だから意外性はゼロ。
しかもその原作が今の感覚からしたら不自然な筋立てなのだから、正直、感情移入はしにくいのです。さらに、私の場合、原作者シャーロット・ブロンテの生い立ちとか、余計な知識を蓄えてしまっているものだから、「ああ、これはシャーロットの満たされなかった願望なんだろうな」とか考えてしまうのは、(読書ならともかく)映画の鑑賞としては邪道なんだろうなと思ったり。

観てきた友人曰く「ジェーンとロチェスターが美男美女すぎる」
そうなんでしょうね。特にロチェスターがかっこよすぎ。
もう1人の男性が、「第九軍団のワシ」のエスカだったのにびっくり。芸達者ですな。
そしてジュディ・デンチの存在感。さすがです。

台詞の英語が喉の奥でくぐもったように発音されるのも興味深かったです。
「家庭教師 ガヴァネス」がちっともそう聞こえないくらいなのですから、それ以外の単語はほとんど聞き取れない。たぶん文体も原作そのままで、その時代のその土地の雰囲気を表しているのでしょう。

フランス少女アデールのフランス語は本物です。あれは生粋のフランス人。
その家庭教師であるジェーンのフランス語は、さして流暢でもなく、発音も素晴らしいというほどでもないけれど、まあそんなにひどくもない、、、という、納得のレベル。そういうところまでしっかり目配りできています。

英国好き、時代もの好き必見。


この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-15 21:30 | 普通の小説 | Trackback(4) | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/18106607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2012-06-15 21:57
タイトル : ジェーン・エア/Jane Eyre
19世紀の女流作家、シャーロット・ブロンテの同名作品を『闇の列車、光の旅』のキャリー・ジョージ・フクナガ監督が映画化。幼い頃に両親を無くした女性が過酷な運命をその高潔な精神と知性で生き抜く姿を描いている。主演には『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ、共演に『SHAME -シェイム-』のマイケル・ファスべンダー、ジュディ・デンチ、ジェイミー・ベルら実力派が揃う。... more
Tracked from ヨーロッパ映画を観よう! at 2012-06-18 23:34
タイトル : 「ジェーン・エア」
「Jane Eyre」2011 UK/USA ジェーン・エアに「アメリア 永遠の翼/2009」 「アリス・イン・ワンダーランド/2010」「キッズ・オールライト/2010」のミア・ワシコウスカ。 エドワード・フェアファックス・ロチェスターに「300/2007」「エンジェル/2007」「イングロリアス・バスターズ/2009」「SHAME -シェイム-/2011」のマイケル・ファスベンダー。 セント・ジョン・リバースに「リトル・ダンサー/2000」「ディファイアンス/2008」のジェイミー・ベル...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2012-06-23 06:34
タイトル : ジェーン・エア
 『ジェーン・エア』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)エミリー・ブロンテの原作の方は、なんだか少女趣味的な感じがしてとうとう手つかずのママ現在に至ってしまったところ、本作が公開されると耳にし、手っ取り早く名作の粗筋でも知っておこうというくらい...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2012-10-21 19:00
タイトル : 映画『ジェーン・エア』を観て
12-52.ジェーン・エア■原題:Jane Eyre■製作年、国:2011年、イギリス・アメリカ■上映時間:120分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月23日、TOHOシネマズシャンテ □監督:キャリー・ジョージ・フクナガ□原作:シャーロット・ブロンテ◆ミア・ワシコウスカ(ジェーン...... more
Commented by サグレス at 2012-06-17 18:40 x
観てみようかな。大昔の映画でも、ジェーンとロチェスターが美男美女すぎる!でしたから、そこはもう「しょうがないな」という割り切りができそうです。
Commented by foggykaoru at 2012-06-17 21:26
サグレスさん。
映画は娯楽なのだから、見ていて全然楽しくないのも困ります。だからどうしても美男美女の方向に偏りがちなのはしょうがないですよね。
Commented by Titmouse at 2012-06-17 22:33 x
見たいのだけど、よく行く映画館でやってないんですよ。ららぽーとはイマイチ行きにくいんだよね~。
Commented by foggykaoru at 2012-06-18 21:25
Titmouseさん。
わかります~
都内でも数えるほどの映画館でしか上映してないものね。ほんとに不便。

<< 印象派という革命 これが一番私らしいのかも >>