植物図鑑

ここんとこ、夏風邪でダウンしておりまして。
その前から頭が疲れていたかも。
ってことで、ついつい手が伸びたのが、楽~に読める有川浩のこの小説。
そうです、小説です。図鑑じゃありません。

女の子がイケメンを拾う話です。
キャッチコピーが「男の子に美少女が落ちてくるなら女の子にもイケメンが落ちてきて何が悪い!」

考えてみたら、昔から美少女とか美女がふいと現れる話は多い。
「鶴の恩返し」とか「雪女」とか。
(どちらもふいと現れる前にはそれなりのいきさつがあり、それに対してこの小説はほんとうにいきなりイケメンが落っこっている、という点では違うけれど)「男性宅に女性がころがりこむ」のがニッポンの伝統!であった。
それを逆にするとこんなにもロマンチックな話になるとは!!

ベタで予定調和な世界だということはハナからわかっているんだけど、面白い。
ページをめくるのがもどかしくなるほど。
やっぱ恋愛ものは女性作家のものに限りますねえ。
っていうか、やっぱり有川浩がうまいんです。

図書館で借りて読んだのだけれど、文庫になったら買うかも。
ケチでごめん。。
言い訳臭いけど、有川さんの「文庫あとがき」を読みたいっていう気持ちもあるので。

これ、映画化するんじゃないだろうか、
すでにイケメン役として向井理にオファーがいっているんじゃないだろうか、
なあんて妄想すら抱いている私。


ある意味、ランサム的な作品でもあります。

惜しむらくは私が植物にてんで興味がないこと(苦笑)
植物好きな人だったら、私の3倍は楽しめること請け合い。



この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-07-19 21:37 | 普通の小説 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/18245588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2012-07-20 04:54 x
美少女が落ちてくるのはジブリのラピュタですね
いきなり女性と仲良くなれると言うのは、昔からの男の妄想です
おしかけ女房と言う言葉もありますし
江戸の昔から結婚難にあえぐ男性の妄想…
実際には滅多に無いことです
本当に多いのは女性のところにダメンズ(ヒモ夫君)が転がり込む事かも?(本当は目立つだけで少ないのですが)
Commented by naru at 2012-07-20 09:56 x
> ある意味、ランサム的な作品でもあります。

惜しむらくは私が植物にてんで興味がないこと(苦笑)
植物好きな人だったら、私の3倍は楽しめること請け合い。

読みますっ!!!3倍とはいかずとも、1.5倍くらいは
植物好きです(笑)

それはともかく、、空からイケメンが落ちてくる小説は、
男性作家の書き出しで、一作読みました。
(恋愛もの ではないんですけど、ね。)

「空から 春が落ちて来た」
だったか。
この 春 がイケメンの本名です。
Commented by foggykaoru at 2012-07-20 21:02
むっつりさん。
>女性のところにダメンズ(ヒモ夫君)が転がり込む

あーこの作品近いです。でもギリギリ違う。
そこがうまいのよねー
Commented by foggykaoru at 2012-07-20 21:06
naruさん。
ランサムは恋愛成分ゼロであるという点において、この小説は180度違う。
にもかかわらずめちゃくちゃランサム的な要素があるんです。
恋愛ものを受け付けない体質でなければ、ぜひお読みください。

<< つぶやき岩の秘密 ル・アーヴルの靴みがき >>