つぶやき岩の秘密

ジュブナイルという呼称がなかった1972年刊のこの作品、名前だけはとても懐かしい。
NHKでドラマ化されたからだ。検索したところ、1973年に放送されたそうで。
いつも6時ごろ、タイトル観て主題歌だけ聞いてチャンネル変えてたんです。
その前の時間帯にいったい何を観ていたんだか。・・・大相撲か?!(爆)

で、新田次郎作だったとは知らなかったので、書店で見てびっくりして買ってしまった。
読んでみて再度びっくり。
あまりにもランサム的なのです。ランサム・ファン必読の書。読みたい方、お貸しします。

これは第一級の冒険小説です。
ただし孤独。いつも子どもたちがわさわさやってるランサムの世界と違って、ちょっと寂しいのよねん。
でも素晴らしい。
この作品を形容する言葉としては「高潔」がふさわしい。

あとがきは中野京子という作家。
「怖い絵」書いたあの人のこと? あの人は学者かと思ってたけど。
少年ドラマとして放送されていた当時9歳だった彼女にとっては、ハードすぎたのだそうだが、今になってDVDを観てみたら十分大人の鑑賞に堪える良質なドラマなのだそうだ。
私は当時すでに高校生だったのだから、耐えられたのではないか。
観るべきドラマだったのかもしれない。
うーん残念。

DVDは全編通してみても2時間半弱。
ARCで鑑賞会を開催するべきかも。
誰かDVD持ってる会員いないかなあ。
えっ、言いだしっぺが買えって?


この本に関する情報はこちら





どーでもいーことなんですが
NHKの少年ドラマシリーズの第一弾、「タイム・トラベラー」は全部観たんです。
主人公の芳山和子役を演じたのが、幼なじみのジュンコちゃんだったから。

で、今Wiki見たら、ひえ~~~ ジュンコちゃんは故・柳ジョージの奥さん! 
今日3度目のびっくり。
[PR]

by foggykaoru | 2012-07-20 21:56 | 児童書関連 | Trackback | Comments(20)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/18249471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2012-07-21 04:38 x
文庫本でしたから熱帯雨林に注文しました

タイムトラベラーって時間ジプシー(今では差別用語ですが当時は普通に使われていました)の?
だとしたら懐かしいです
Commented by foggykaoru at 2012-07-21 06:09
むっつりさん。
「タイム・トラベラー」は「時をかける少女」です。
ラベンダーの香り・・・
Commented by Grog at 2012-07-21 08:15 x
私も昨日書店で見かけて買いました。まだ読んでませんが。
DVD、持ってますよ。舞台が地元だということを、一昨年のARCの三浦半島カヌーイベントで知って、買いました。かなり面白いドラマです。
Commented by とーこ at 2012-07-21 13:45 x
 放映が7月だか9月だかで、最終回が林間学校にかかっちゃって、学校でパニックに。誰かが「NHKに手紙を書こう!」と言って、「私たちは林間学校で最終回が見られません。再放送してください」と寄せ書き署名集めて送ったら、お返事がきて再放送してくれました。ビデオの無い昔のお話。
 たしか海岸洞窟を探検するんですよね。
Commented by naru at 2012-07-21 15:49 x
「つぶやき岩の秘密」、たしかテレビで見てました。弟と一緒に。
わくわく ドキドキもの だった気がする。
え?高校生だったのでしたか、私。でもワタシのレベルにぴったりの記憶が・・・

余談ですが、その主題歌を歌っていたのが、石川セリ。
彼女は、私が大学時代の友人の男子にファンが多くて。
(有名な曲は「ダンスはうまく踊れない」とか「ムーンライトサーファー」。後に井上陽水と結婚)

つくづく、時がたつと色々余談が増えますよねぇ。
Commented by ranndosuke-pu at 2012-07-21 21:18
♪いつか思い出すだろぅ~大人なったときにぃ~
♪あの輝く青い海と  通り過ぎた冷たい風をぉ~
♪今だ! 見つめておけ! 君のふるさとを~

・・・ここまでは、バッチリ歌えるのですが・・・(といっても、歌詞間違えているかもしれないし、第一、つぶやき岩の秘密の主題歌じゃないかも知れませんが・・・)

懐かしいです。筋はすっかり忘れましたが、夢中でみていたのは覚えています。
本が手に入るのですね!しかも新田次郎作だったとは!!
Commented by erica at 2012-07-22 00:00 x
数年前に「つぶやき岩の秘密」の舞台をARCのイベントでカヤックで探検しました。
Grogさんが近所にお住まいでお案内していただいて、DVDもお借りしたことがあります。
Grogさんにお借りできると思いますよ。
私も中学のころだったかしら? NHKでドラマを毎回楽しみに視てました。 ドラマを視てから小説を読んだ記憶があります。
筒井康隆の「タイムトラベラー」は「つぶやき岩の秘密』以上にお気に入りでした。
Commented by Titmouse at 2012-07-22 16:25 x
当時ドラマを見たかどうか、本を読んだかどうかはっきり覚えてないのだけど、タイトルは懐かしいです。本がまた出たんですね。図書館にもあるみたいなのでそのうち読んでみます。
Commented by ケイ at 2012-07-22 22:15 x
テレビドラマも原作も知りませんでしたが、本日、散歩のついでに寄った本屋で見つけたので、思わず買ってしまいました。明日から通勤電車の中で読もうと思っています。
Commented by foggykaoru at 2012-07-25 22:36
Grogさん。
三浦半島のイベントって「風の靴」関連だと思っていました。
両方やったんですね。それとも2回あったんでしたっけ?
DVDおもちなんですね。
C家で上映会ができたらいいなあとつぶやいてみる(爆)
Commented by foggykaoru at 2012-07-25 22:37
とーこさん。
再放送してくれたなんて、「粋なはからい」ですね!!
Commented by foggykaoru at 2012-07-25 22:41
naruさん。
当時のうちの弟は仮面ライダーのレベルだったからなあ。。。
なにしろ大人の鑑賞に堪える作品だそうですから、高校生が観るのはちょうどよかったのでは?

そう。石川セリ。
ダンナが同じミュージシャンということで、ジュンコちゃんは石川セリともお友達なのかもしれない・・・
Commented by foggykaoru at 2012-07-25 22:43
ゆすらうめさん。
おお歌えるなんてすごい。
私は「印象的な歌だった」ということしか覚えてません。
この本、新潮文庫の新刊です。平積みになってました。
Commented by foggykaoru at 2012-07-25 22:45
ericaさん。
上映会ができたらいいなあと再度つぶやいてみる(笑)

この原作、あまりericaさん好みではないような気がするので、ちょっと意外です。
Commented by foggykaoru at 2012-07-25 22:47
Titmouseさん。
文庫あとがきによると、新潮社が当時の一線級の作家に少年向けの本を書かせたシリーズの中の1冊だそうな。
他にどんな作品があったのかが気になります。
Commented by foggykaoru at 2012-07-25 22:49
ケイさん。
こんな本が目立つところに置いてあると、つい買ってしまいますよね。
もう読み終わった頃でしょうか。
Commented by erica at 2012-07-26 07:23 x
ARCのイベントは「風の靴」一度だけでした。
舞台が「つぶやき岩の秘密」と同じだったので、私はどちらかというと「つぶやき岩の秘密」に傾いてました。
またGrogさんにお借りしてDVDの上映会したいですね。
Commented by foggykaoru at 2012-07-26 20:19
ericaさん。
>またGrogさんにお借りして
というと、もうすでにお借りしたことがあるんでしょうか?
ボケボケでゴメンなさい。。。
Commented by ケイ at 2012-07-26 23:12 x
ついつい、あっという間に読んでしまいました。確かに、ドラマでやるとドキドキものになりそうですね(もちろん読んでもですが)。
解説で、当時はまだ戦争の記憶が新しかっただろうと書いてあるのを読んで、それは確かに今よりは戦争に近かったけれど、自分としては70年代はもう相当戦争からは遠いイメージだよなあと、ちょっとショック。まあ、60年代はまだまだそういう雰囲気はありましたが。
Commented by foggykaoru at 2012-07-27 22:09
ケイさん。
70年代はもはや戦後ではないですよねー!!
満州引き上げの苦しみを味わった新田次郎にとっては「まだ戦後」だったのでしょうけれど。

<< テメレア戦記Ⅲ・Ⅳ 植物図鑑 >>