アーミッシュに生まれてよかった

前項からの勢いでご紹介。
かなり前に読んだ児童書です。作者はミルドレッド・ジョーダンという人。

主人公はアーミッシュの村に生まれた少女。
まず、その禁欲的なコミュニティーの描写に単純にびっくりです。

確か、主人公はリボンか何か(←記憶曖昧)に憧れるのですが、衣服のボタンすら虚飾として禁じるアーミッシュに許されるはずもない。
小さな胸のうちにうずまく葛藤。

ガーンときました。
子どもは生まれてくる環境を選べない。
リボンすらつけられない主人公のこの境遇は不幸せなのか。
これと決まった正解はないのです。
ひとりひとりが自分にとっての正解を見つけ出すしかない。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-08-18 22:53 | 過去に読んだお薦め本 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/18356486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 幻獣ムベンベを追え 刑事ジョン・ブック 目撃者 >>