ワセダ三畳青春期

接続障害のため、しばらくオフライン状態でした。その間に読書日記がたまりました(笑)


「幻獣ムベンベ」の高野秀行が11年過ごした早稲田のアパートの思い出の記。
言うなれば沈没とモラトリアムの記録。
アパートに住む奇人変人、それをおっとりと見守る大家さん、ヒマにまかせて馬鹿やって過ごす高野氏とその仲間たち。
ホントに馬鹿やってるんだけど、男子は馬鹿やっても女子よりも様になる。羨ましい。

面白いです。
前から思っているんですが、この人の文章、なかなか読ませます。
特に最後の2章。おおおっ!という感じ。

「沈没」なんて言ってしまったけれど、実はこの11年の間に、高野さんは世界のあちこちを探検して廻っているわけで。
がぜん、そちら関連の本も読みたくなりました。

これからしばらく、高野ワールドのご紹介が増えます。



この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-09-02 16:01 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/18410012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by leirani@crann at 2012-09-02 22:03 x
私の高野氏イチオシは『世にも奇妙なマラソン大会』です。
ムベンベに始まる彼の集大成?みたいに思えます(笑)
Commented by foggykaoru at 2012-09-03 20:14
leirani@crannさん。
おお、そんな本もあるのですか!
読みます!!

<< アヘン王国潜入記 ローマ法王の休日 >>