ボクたちクラシックつながり

最近ばたばたしておりまして、微妙にネット落ち状態です。
読んだのに感想文を書いていない本が3冊。まずは第一弾。

============

副題は『ピアニストが読む音楽マンガ』
ピアニスト青柳いづみこによる軽いエッセイ。
音楽マンガとは『のだめカンタービレ』『神童』『ピアノの森』の3作品のことなのだが、8割がたは『のだめ』関連の話である。

同じ著者による『翼のはえた指』とは比べものにならないくらい軽~い本だが、『のだめ』ファンには楽しめる。

完結する前に書かれたこの本だが、結びは「音楽でつながっている」
まるで『のだめ』の結末を知っていたかのようなシメに感銘を受けた。

二ノ宮知子さんはほんとうに音楽家の魂を理解して描いたんだな、ということ。
クラシック音楽のプロに受け入れられ、多くのファンを得た理由がそこにある。

『のだめファン』必読、とまでは言わないが、機会があったらご一読を。
(私に会う機会のある方、声をおかけください。お貸しします。)


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-12-08 10:16 | エッセイ | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/18973136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラッコ庵 at 2012-12-08 12:34 x
好みもあるだろうけど「ピアノの森」も面白いです。いづみこさんがなんといっているのか興味があります。
Commented by foggykaoru at 2012-12-10 21:54
ラッコ庵さん。
「のだめ」以外の2作品に関しては、ちらっと触れられているという程度です。お目にかかる機会があったらお貸ししますね。
Commented by みーママ at 2012-12-15 00:41 x
ピアノの森、おもしろいです。
今聴きたいのはのだめのピアノよりもかいのピアノかも。
23巻を心待ちにしています。
かおるさんのところで有川浩を知って何冊か読みました。おもしろいね。
あと最近続けて読んだのが西條奈加です。時代物初かも。
そうそう映画のレ・ミゼラブルみたいです。
あれこれと脈絡なくすみません。。。
Commented by foggykaoru at 2012-12-16 10:45
みーママさん。
ピアノの森はまだ連載中なのですね。
有川浩もいいけれど、みーママさんには高野秀行をお薦めします。彼の本の中ではマイナーかもしれないけど「メモリークエスト」あたりがいいんじゃないかな。
料理好きなみーママさんには「みをつくし料理帖」もお薦め。
レミゼ見ますよ。もちろん。ほんとはフランス語で観たいんだけど。

<< ふむふむ おしえて、お仕事! アドリア海の夕暮れ >>