身体をいいなりにできるか(2)

続きです。


耳鼻咽喉科の検査では、部分麻酔をかけて鼻から内視鏡を通し、「エー」とさまざまな高さで声を出しました。

結果: 声帯には異常無し。

悪性ポリープでなかったことに、ほっとすると同時に、がっかりしました。原因がわからないとは。
声が出にくいという現実、そしてこの不快感、喉のいがらっぽさは何?
と、暗い目をしてすがるように尋ねる私に、医師は
「鼻と喉の境目あたりの上咽頭と呼ばれる部位の粘膜が少し腫れているようだ。しかも、粘膜が乾いている」
不快感はそのせいかも、と。
かかりつけの医者には、この1年の間に何回も喉を見てもらっていたのに。
「そんなに腫れていない」と言われて1年になるのに。

「このあたりは、外からはなかなか見えないところなのです」

ってことは

1年間、風邪が治りきらなかったってことね!

疲れやすいわけだ。

そして納得。

というのは、昔から、自分の弱点は鼻の奥だ、と感じていたからです。
子どものときから、風邪の予後が悪い。必ずと言っていいほど鼻が治らない。
鼻汁が前から出ず、後ろにまわる。
「後鼻漏」と呼ばれるものです。
この嫌な症状にとりつかれていた2、3年前のある日、ネットで調べてこの名称を知りました。

年をとって、弱点がいよいよ弱くなってきたわけです。
しかも、年をとって、粘膜を潤す力も弱くなってきた。

で、治療法は?
医師は「うーん」と唸り、「まあ、毎週ルゴールを塗りに通うとか」
あんまり決め手はないんだよねという感じがありあり。
「ま、今日もせっかくだから塗っておきましょう。炎症があるところがしみるはずです」
しみました。

そして、薬を処方してくれました。
それが漢方薬だったのです。

えーっ、なんだなんだ。

というのは、かかりつけの医師が漢方医なのです。
20年ぐらい前から漢方派になりました。
洋薬に比べたら、漢方のほうが数倍マシ、と実感しています。

実家から独立する際、今住んでるところに決めたポイントの1つも、当時かかっていた漢方医に通いやすいということでした。
その漢方医は、自分自身が風邪体質だったせいか、私の喉の奥を一生懸命覗いてくれました。
そしてしょっちゅう「粘膜が乾いているなあ」と言っていました。
その時よりも今はさらに乾いているわけです。

彼が引退したとき、ネットで探しまわって見つけたのが現在の漢方医。
総合的に処方がうまいのはむしろこちらだと感じています。
でも、彼は内科が専門なので、それほど喉の奥までは見ない。(そもそも上咽頭はよく見えない)
だから1年間、「そんなに赤くないですよ」で済ませられてしまっていたのです。

処方された漢方薬---「桔梗石膏」と「麦門冬湯」という薬です---を飲み始めました。

すると
乾いていた粘膜が湿ったせいでしょう、鼻汁が盛大に垂れ始めました。
薄い鼻水がひっきりなしに喉に回る。
これぞ正しい「後鼻漏」(苦笑)
気分悪っ!

これって、たとえて言えば、下痢なのに便秘で出なかったのが、便秘が治って盛大に下痢するようになった、という状況じゃないの?
このままで治るとは到底思えない。
だからって、ルゴール塗ってもらっても、一時しのぎにすぎないだろう。

2月末の歌の本番までに喉を治すにはどうしたらいい?

(3)に続きます。
[PR]

by foggykaoru | 2013-01-31 20:43 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/19210130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 身体をいいなりにできるか(3) 身体をいいなりにできるか(1) >>