舟を編む

言わずと知れた三浦しをんのベストセラー。
国語辞典の編纂に携わる編集者たちを描く。

面白いかと問われれば、面白い。
でも、三浦しをんはどうして主人公に妙な名前を付けるんだろう。
思えば「風が強く吹いている」でもそうだった。
私はそれで引いてしまう。

言葉談義(「のぼる」と「あがる」の違いなど)が面白いのか?
でも、あの程度のことだったら、私だって時々やるから、全然新鮮じゃない。

なぜここまで評判になったのかがよくわからなかったため、「面白かった」と言う母に「どこがよかったの?」と尋ねたら、「1つのことを突き詰めていく人の描写が面白かった」とか言っておりました。
うーん・・・
ああいう感じの人、けっこういると思うんですけど。。。
って私の交友関係が変なのか? 

それはありうる(自爆)

というわけで、私はこの本、「チャリング・クロス街」みたいにすぐに読み直して感動を新たにすることなく、一読して終わりでした。
ふつうに面白かったですよ。くどいけど。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-04-07 10:47 | 普通の小説 | Trackback(1) | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/19802989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Sea Songs at 2013-04-08 14:49
タイトル : 『舟を編む』
『舟を編む』  三浦しをん  光文社 読み終わって1カ月も経ってしまったので、も... more
Commented by naru at 2013-04-07 16:56 x
ずっと気にはなっている本でした。
kaoruさんの書評を読んで、なるほどぉ~~。私のまわりにも、居そうなタイプの人々が登場しているような印象を受けました。
だったら、リアルなライブを見ていく方が面白いかも、なーんてね。
Commented by サグレス at 2013-04-07 17:41 x
>って私の交友関係が変なのか?
ははは。あり得る(自爆?)
最近、生き別れのオタク三つ子の姉妹たちに、「いや、四つ子の姉妹で、サグレスさんもその1人でしょ」と言われとりますww
Commented by foggykaoru at 2013-04-07 20:45
naruさん。
この本、面白いんですよ。
でも、なんとなく新鮮味が無いんです。
で、某英国児童文学作家のファンたちとつきあってるせいであろうと、とりあえず結論づけました(爆)
Commented by foggykaoru at 2013-04-07 20:48
サグレスさん。
そうか~
実は若草物語だったのね!!
今すごく納得しました(爆・爆)
Commented by むっつり at 2013-04-08 06:32 x
映画が盛んに宣伝していますね
「右とは何か?」
「西を向いたときに北にあたる方向」だとか…

経済学でもそうですよね
富を定義づけたのがアダム・スミスですから
富は金銀ではなく財の事、財とは富になるもの、だというのですから、混乱の輪の出来上がり?
Commented by Titmouse at 2013-04-08 14:51 x
言葉談義など、私は親近感を感じて面白かったです・・・って、つまり感じ方によっては新鮮味がないってことにもなるんですね。TB送っておきます。
Commented by foggykaoru at 2013-04-08 20:18
むっつりさん。
映画はキャスティングがわりとよさそうなので、ちょっと興味があったりします。
Commented by foggykaoru at 2013-04-08 20:19
Titmouseさん。
言葉談義は・・・ふつうじゃん!とか思っちゃって。(すいませんね、しをんさん)
TBありがとう♪
こちらからも送らせていただきます。
Commented by ケルン at 2013-04-10 09:22 x
はいはい、知ってる世界だわーと思いながら楽しく読みました。そう思った人がたくさんいた、知らないオタク(専門)的世界の事情を知る楽しみ(のだめみたいに)が受けた、少数になりつつある本好きが支持した、などが売れた理由かなとおもってました。あちこちの小ネタは楽しかったですが、前半に比べて後半の展開がちょっと丁寧さに欠けるのが残念。でもおもしろかったですね。
Commented by foggykaoru at 2013-04-11 19:51
ケルンさん。
ケルンさんにとっては私よりもっとご存知の世界ですよね。
>前半に比べて後半の展開がちょっと丁寧さに欠ける
そうそう。
いきなり飛ぶし。

<< 身体をいいなりにできるか(25) 女ひとり寿司 >>