ラブコメ今昔

ご存知有川浩の作品。短編集です。
題名どおり全部ラブコメ。すべて自衛隊がらみのお話。

短編だから読み応えがあるわけではない・・・というか、彼女の書くものに関して読み応えをうんぬんするのは的外れかもしれないけど。

実はこれを読んだ少しあと、文庫化された『植物図鑑』を買って再読したのです。
そして、「うねり」というか流れというか、盛り上がりという点において、やっぱり小説は長編じゃなくちゃと思ったりしたのですが、こっちはこっちで楽しめます。
当然のことながら、恋愛ものが嫌いな人には向きませんが。

ぶっちゃけ、有川浩は半身浴のおともに最適です(笑)

日本、元気じゃないし、なんだかなあということがたくさんあり、だんだん悪くなってきていることが多いよんじゃないかと思ったりするのですが、彼女のラブコメを読むと、今の世の中捨てたものじゃないと思ったりします。何がって、描かれている男女の関係が平等なところがいい。昔の恋愛小説より読んでてずっと気分がいい。

というわけで、有川原作の連ドラ「空飛ぶ広報室」を観始めちゃった私でして。
「図書館戦争」の実写版も観ます(断言)

この本に関する情報はこちら

私は古本屋でハードカバー300円ナリをつい買ってしまったんで、読みたい人にはお貸しできますよ(私に会うチャンスのある人に限る)
[PR]

by foggykaoru | 2013-04-21 16:06 | 普通の小説 | Trackback | Comments(13)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/19875408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by naru at 2013-04-21 17:38 x
「空飛ぶ広報室」見てます。毎回録画と決めてます。

「植物図鑑」良いですよねぇ。おしえて頂いて嬉しかった本です。
ありがとうございました。
Commented by HEARTY at 2013-04-21 19:54 x
図書館で並んでますが、まだまだなので、貸してください!
Commented by ふるき at 2013-04-21 22:17 x
有川浩は女性なんですね。男性の書く「恋愛物」は「男性性」が強過ぎて「痛く」なってしまうのです。
Commented by むっつり at 2013-04-21 22:32 x
図書館戦争は間もなく公開ですね
楽しみです
Commented by foggykaoru at 2013-04-22 20:43
naruさん。
おお、仲間!

「植物図鑑」はランサム風味のラブコメだったでしょ?
Commented by foggykaoru at 2013-04-22 20:44
HEARTYさん。
了解です。
お茶会においでになるとき、お知らせください。
Commented by foggykaoru at 2013-04-22 20:46
ふるきさん。
「浩」は「ひろし」じゃなくて「ひろ」なんですよ。
男性の書く恋愛ものは男性が読んで「痛い」んですか。。。だったら女性が読んでもいまいちなはずですね。
Commented by foggykaoru at 2013-04-22 20:47
むっつりさん。
今年のGWは「図書館戦争」でキマリ!?
Commented by mee-sayur at 2013-04-29 15:56
お久しぶりです :-)
私もここで植物図鑑を知り、有川浩を読むようになりました。
映画の図書館戦争も見に行く予定立てました。
最近はビブリアを立て続けに読みました。今は多崎つくる。

ところでクリュニーの貴婦人と一角獣のタピスリー来ちゃいましたねぇ。やっぱカルチェラタンのクリュニーでみたいですよねっ!?
Commented by foggykaoru at 2013-04-29 21:50
みーママさん。
おお、図書館戦争見に行かれるんですね!
かなり出来が良さそうなので楽しみです。

タピスリーは日本で見るとめちゃ混みだから。
見といてよかったわ♪
Commented by HEARTY at 2013-04-30 20:38 x
5月と6月は行きますか?どちらか行けるかも。
Commented by foggykaoru at 2013-05-02 22:23
HEARTYさん。
6月は無理。
5月も微妙。お茶会だけなら可能性ありです。
Commented by HEARTY at 2013-05-03 23:58 x
了解です。ま、無理せずどこかでお会いできたら、ってことで。図書館とどっちが早いかなあ(笑)。

<< ジーノの家 ドイツ道具の旅 >>