フリーター、家を買う

すでにテレビドラマ化されたことのある、有川浩の作品。

私はフリーターがとてつもない手段を考えついて家を買う話かと思っていた。
そう思う人は多いんじゃないだろうか。
実際は違うのだ。
しかもこれはラブコメじゃない。有川浩なのに。
彼女お得意の「胸キュン」は1パーセント。(ゼロではない)

そしてテーマは暗い。

近所の図書館で、この本はわりとしょっちゅう書架で見かけた。他の作品はいつも出払っているのに。
つまり、比較的人気薄なのだと思う。
それでも面白いのである。
私は図書館で借りて、返却するまでに3回読み返した。
暗いテーマとは言え、暗いままで終わらせないのが有川浩。
安心してお読みください。ラブコメ嫌いな人にも勧められます。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-05-10 21:35 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/20093699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラッコ庵 at 2013-05-25 09:00 x
実は私、有川浩、苦手なの(その割に読んでるけど)。でもこれは前から気になっていました。読んでみようかな。
Commented by foggykaoru at 2013-05-25 12:05
ラッコ庵さん。
これは彼女の作品の中で異色の暗さかも。
(でも明るいんだけど)
私には面白かったですよ。
でも有川ワールド中毒症状出かけの私の言うことだから、話半分に聞いてね。

<< 芸術のパトロンたち 実写版『図書館戦争』 >>