『ぴあ』の時代

ちょっと前に『旅行人』が休刊(=廃刊)になり、「ひとつの時代が終わったんだな」と思った。
でもそれよりも胸にこたえたのが『ぴあ』の廃刊である。

書店でこの本が平積みになっているのを見て、矢も盾もたまらず購入した。
(この春、せっせと不要品を処分して、部屋がすっきりしたと思ったら、その反動か新刊本に手を出すようになっている。ダメじゃん。)

いまやネットの独壇場である役割を、いっときではあるが、完全に担っていたのがこの雑誌。

私が年に数本以上映画を観るようになったのは、ごく最近のこと。『ロード・オブ・ザ・リング』公開以来である。それ以前は1年に2本観るか観ないかという、超平均的日本人だった。

観なかったけど、そのわりには情報通だった。(私は今でこそ旅をするけれど、本来はインドア派だし、情報を得るだけでけっこう満足するタチである)
新聞や雑誌の映画評をよく読んでいたから。
もちろん『ぴあ』も読んでいた。

『2001年宇宙の旅』を観たのも『もあテン』1位の映画というのを観てみようかね と思ったからだし、年に1本しか観なかった映画が『炎のランナー』とか『ディーバ』『ブリキの太鼓』だったりしたのは、『ぴあ』の影響があったような気がする。

映画だけでなく、演劇にも興味を惹かれた。
寺山修司とか、ジャンジャン劇場でやっていた『授業』とか。
もうちょっと行動力があったら、観に行っていたことだろう。

『ぴあ』創刊の伝説は知っている。だってほら、私ってけっこう情報通だから(自爆)
映画好きの中大生が中心になって創刊され、最初のうちは、取次も通さず、書店を1軒1軒まわって置いてもらっていた、ぐらいのことは。
でも、この本を読んで、改めてそのバイタリティー、目のつけどころに感嘆した。
矢内廣という人、すごいです。ほんとうの意味で頭が良い人。そして志が高い。
そして、『ぴあテン・もあテン』のあの頃が、まさに『ぴあ』が登り竜のように伸びていった時代だったのだな、と思い、同じ空気を、多少なりとも感じる機会に恵まれた自分を幸せ者だと思った。

『ぴあ』の楽しみは情報だけではなかった。
記事の欄外に米粒みたいに(今、あんな細かい文字は読めないかも)掲載されていた1行読者投稿欄「はみだし」が面白かった。(今、あれに相当するのはツイッター?)
しかも投稿の常連者の中に高校の後輩にあたる人(ペンネームで判断できた)がいた。
「うちの高校には五浪の先輩がいて、たまに学校に遊びに来るのだけれど、『アレを見ると落ちる』と恐れられている」
あっ、その五浪くん、同級生です・・・
(すっかり予備校になじんでしまった彼が、後になって予備校講師になったというのは、また別の話)

今やネットに移行した『ぴあ』。
不思議なことに、ネットになってもあの頃の雑誌『ぴあ』の匂いが感じられ、他の映画情報サイトと一線を画しているような気がして、私のお気に入りです。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-05-21 21:39 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/20244303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by naru at 2013-05-21 23:57 x
ぴあ 読んでいました。
立ち読みでお目当てのライブハウスのスケジュールのみチェックしたりもしました。

私も映画評をチェックし、次はコンサート及びライヴ情報を見る。
大学の学園祭の季節、プレゼントに応募したら多摩美でのコンサートのチケットが当たって、車で行きました。懐かしい~~。
Commented by foggykaoru at 2013-05-23 21:40
naruさん。
同世代ですもんね♪
私よりもちゃんといろいろなところにおでかけになっていたんですね。
まあ、読むだけってほうが変か(自爆)
Commented by ケルン at 2013-05-24 15:01 x
『ぴあ』は毎号、端から端までくまなくチェックし、マーカーでしるしをつけてかなり有効活用していました。姉が買っていたのですが私のほうが使っていました。。映画、美術館&ギャラリー、コンサート&ライヴハウス(行かなくても情報は追う)、それと最重要ジャンルはFMページ(番組表に当時は曲名まで全部載っていました)。演劇は値段も高いので飛ばしていたほうです。スポーツなど、あまり見ないジャンルのページが増えたころ、FMもDJがどんどん曲をかけるスタイルになって、私も仕事が忙しくなって活用しきれなくなったような気がします。オンラインチケットの制度はぴあが始めたんでしたね。CATSのチケットで。
Commented by foggykaoru at 2013-05-24 22:48
ケルンさん。
オンラインチケットができないと「キャッツ」のロングランが打てないため、劇団四季がぴあに依頼してきたんだそうな。
すごいですよね。四季じゃなくてぴあが。
Commented by ラッコ庵 at 2013-05-25 08:56 x
その「はみだし」に投稿したり、上映会の情報をのせてもらったりしていました(^^ゞ 
学生時代、初めて見たときは「こんな便利なものがあるのか!?」と。隅々まで見てマーカーで印をつけて結局どこにも行かない、の繰り返しでしたが、それでも楽しかったです。懐かしい。
Commented by foggykaoru at 2013-05-25 12:03
ラッコ庵さん。
おおラッコ庵さんは投稿者?
しかも映研?! 
学園祭の「いちご白書をもう一度」の関係者だったりして?
Commented by ラッコ庵 at 2013-05-28 00:47 x
ふふふ、いちご白書?そんなわけないでしょ。私がアニメにハマった原因の作品、東映動画の「太陽の王子ホルスの大冒険」です。SF研だったんですけど(^^ゞ
Commented by foggykaoru at 2013-06-02 19:59
ラッコ庵さん。
ふふふ、あのいちご白書のこと、やっぱりご存知ですよね。。
SF研なんてあの大学にあったんですね。そりゃあるか。
でも知らなかったんで。

<< 死神の精度 県庁おもてなし課 >>