旅猫レポート

有川浩。

最初の20ページくらいまでは今ひとつだったのです。
「猫好きじゃないと入り込めないのかも」とか思いました。
でも、そのあとは一気でした。

まともな小説です。お勧めです。
うーん有川浩はねえ・・・『図書館戦争』にはついていけなかったし、『三匹のおっさん』はまるきりマンガだったわね、『植物図鑑』みたいなベタ甘もちょっと・・・という人も大丈夫。保証します。

万が一、ダメでも責任は取りませんが。

ただし、電車の中とか喫茶店で読むのはやめましょう。
私は半分ぐらいまで読んだところで、「これはやばいかも」と予感し、残りは自宅で読みました。正解でした。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-19 20:19 | 普通の小説 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/20954774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2013-11-20 22:33 x
泣ける本なんですね
う~ん…
文庫じゃないのが残念
Commented by むっつり at 2013-11-20 22:46 x
追記
本の詳細を見るのに熱帯雨林にサインインしたら「ひみつの海」の予約販売をしていたので、そちらは注文してしまいました
Commented by foggykaoru at 2013-11-21 20:41
むっつりさん。
泣ける本が読みたかったら「たそかれ」「かはたれ」がお勧めです。
このブログでは「児童文学関連」にあります。
これまた文庫じゃないけど。。。

「ひみつの海」、もうすぐ刊行みたいですね。

<< ドライフラワー 空白の五マイル >>