有明をわたる翼[2013/12/22追記]

ものすごーく久しぶりの演劇鑑賞。
しかも生物系の学会が後援しているという、実に珍しい演劇です。

諫早湾の干拓事業が自然に及ぼす悪影響を憂いた研究者が、自らプロデュースしたもの・・・というと、教訓臭くて説教調なのではないかと、腰が引ける人もいることでしょう。かく言う私も、友人がスタッフに加わっているから観に行ったので、正直「どんなもんなんだろう」と思ってました。

が、

面白かった。
音楽の生演奏がついて、ちょっぴりミュージカルテイストのエンターテインメント。
問題点をわかりやすく提起しつつ、最後まで飽きさせない舞台でした。

脚本は3人で書いたのだとか。
まず訴訟に関わった弁護士が書いた原案に、生物学者が専門的な裏付けを加え、演出家がさらにアイディアを出したのだとか。
ほんとにその3人だけ? 
だとしたら、その中に相当な本読みがいるに違いない。

公演は明日まで。場所は東京の阿佐ヶ谷です。
興味のある方は「有明をわたる翼」で検索してみてください。


[2013/12/22]
諫早湾を「殺した」堤防ですが、「2013年12月20日までに水門を開放するべし」という判決が出ました。
でも最終期限を過ぎた現時点でも閉鎖されたままだそうです。
[PR]

by foggykaoru | 2013-12-21 23:10 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/21212898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サグレス at 2013-12-23 13:41 x
ご来場、ありがとうございました! 
ご明察です。海洋冒険小説を読んでいなかったら、またファンタジーを読んでいなかったら、ああいう脚本にはならなかったことでしょう。
楽しんでいただけて、何よりです!
Commented by foggykaoru at 2013-12-24 10:19
サグレスさん。
ファンタジー(特にドリトル先生と神話・伝承的なもの)と海洋冒険ものが咀嚼された結果ですよね。
あと、彼女の描く絵の変化も、文学を読みこんだ人なら思いつくかもしれない話だけれど、専門書ばかり読んでいる人が自力で思いつくのは容易ではない。(思いついたらそれこそ天才) あのあたりは筋書的には必須ではないけれど、ああいう話があるからこそ、作品に深みが出る。

訴訟を演劇にすると、リアルな住民たちの立場の違いとか、とてもよくわかります。でも、それだけだとひたすら真面目で教科書みたいになってしまう。
ファンタジー要素を入れるのは冒険だったのではないかと思うんです。演出と役者の力量がないと、失笑ものになってしまう。そのあたりが見事だったと思います。
Commented by at 2013-12-26 01:29 x
ご無沙汰してます。まだ生きてます(苦笑)

干潟は海の命のゆりかごであり、川から来る物質の浄化槽であり、水の調整場所であり、鳥も含めた生き物の巨大食料庫。
私が知ってるのではこんな所です。干潟は生態系の多方面で重要だけど、存在することで経済効果が出せるか?というのには、否となると判断する人が多いと思います。
Commented by at 2013-12-26 01:30 x
大人な頭にはなってないけど、年をとった分、お金、利害関係、面子、といったものに配慮しないと物事は進まないと感じるようになりました。子供には、綺麗、可哀想、可愛い、好き、といった単純な感覚でまず興味を持ってくれたらいいなあ。

生態系は無論のこと、数十年単位で見なければ、結果の分からないものは、統計的な結論を出すのは難しいので、ずっと議論が続いて手遅れになりかねないのでしょうね。
Commented at 2013-12-26 01:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sataz at 2013-12-26 22:28 x
まったく同感です、かなり楽しませてもらいました。

"ファンタジー要素を入れるのは冒険だったのではないかと思うんです。演出と役者の力量がないと、失笑ものになってしまう。そのあたりが見事だったと思います。"
Commented by foggykaoru at 2014-01-01 12:27
蓮さん。
お久しぶり!
私は超文系なのでよくわからないのですが、「どこかの生態系を崩すと、人智を超えた規模でしっぺがえしがくる」というのが真理だと思います。
Commented by foggykaoru at 2014-01-01 12:28
satazさん。
「劇にするからには楽しいものにしなくては」という製作陣の意気込みが伝わる舞台でしたよね。
Commented by サグレス at 2014-01-04 13:42 x
蓮さん、お久しぶりです。
干潟は存在するだけで経済効果が生み出せるのか?
答えはYesです。
干潟が存在することで、漁業が成立するようになりますので。
干潟を失って漁業が崩壊の危機に見舞われるまで、なかなか分からなかったわけですが…。

<< いやでも楽しめる算数 身体を言いなりにできるか(33) >>