英国を視る

実家には父の本が山ほどあり、その処置に困っている。
この本はその中の1冊。

「1930年代の西洋事情」という副題に惹かれた。

著者の松浦嘉一という人は、漱石の弟子で、旧制高校で英語を教えながらこの本を書き、のちに大学教授になった。

「幻の名著」なんだそうである。
で、1984年に、講談社学術文庫として復刊されたそうで。

外山滋比古氏の手になる解説によると、「日本人の手になる初めての一般向きのイギリス研究」なのだそうだ。
これが「一般向き」かあ・・・・
手ごわいです、難しいです。
私の軟弱な脳みそにとっては面倒くさく、読み飛ばした章がいくつかある。(けっこうたくさん・・・)
それでも、パブリックスクールの話とか、炭鉱労働者のストライキの様子など、楽しく読める章もあった。

ランサム・サガの子供たちって、男子はハローやイートンではないんだろうけれど、おそらくパブリックスクールの生徒たち。(彼らのお兄さん的存在であるジム・ブラディングはラグビー校だし。) 女子も全寮制の学校。
中流階級なのですよね。
イギリス人的には「ええとこの坊ちゃん・お嬢ちゃん」。
だから、そういうことがわかってしまうイギリスの庶民の子供たちよりも、てんでわからない極東の庶民の子供たちのほうが、ランサム・サガには素直にハマれたんだろう・・・
などということを、今更ながらに感じました。



せっかく復刊されても刊を重ねることなく、今や入手困難。
勇気あるランサマイトのみなさん、お貸ししてもいいですよ。
[PR]

by foggykaoru | 2014-02-04 21:05 | エッセイ | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/21608232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by garden_time at 2014-02-04 23:07
親の遺品の整理って、大変ですよね・・・。
私の父はコレクターだったので、モノが多くて大変でした。
でも私も母もその趣味をもたないので価値がわからなくって。
わからないのなら紙くずも同然!と、大半を手放してしまいました。
Commented by むっつり at 2014-02-04 23:35 x
私がディアゴステニーの名探偵ポアロのDVDを集めたのも30年代の英国情報をミニ雑学として色々と紹介していたからなんですよね。
ランサムでは解らないデモとストの荒れ狂う大不況の時代だったんですね
Commented by naru at 2014-02-05 00:05 x
そのラグビー校ですが、私(女性)は、職場の親善旅行で
ラグビー校卒業の研修生と、二人で相部屋でした!
Commented by ケルン at 2014-02-05 14:02 x
わー、読んでみたいです!
(別の本をお借りしているので、気長に待ちます)
84年に復刊ということは、初刊はいつごろなのですか?
Commented by foggykaoru at 2014-02-05 19:04
はみさん。
家族の中で、父の本をいちばん読みそうな私ですら、読みたいと思う本がほとんど無いという・・・
だから処分してもいいと思うのですが、母が二言目には「もったいない。読む人はいないのか」
私「いないってば」
という会話が何十回繰り返されたことやら。
Commented by foggykaoru at 2014-02-05 19:05
むっつりさん。
そうかそうか、ポアロも30年代でしたっけ・・・
たっくさん読んだんだけど、そういう観点では読まなかったなあ。
ドラマも相当見たけれど、そういう観点では見なかったです。
もう1回見るべき?!
Commented by foggykaoru at 2014-02-05 19:09
naruさん。
ラグビー校って共学になったの?と思って検索してwikiを見に行ったら、著名な卒業生としてランサムが載ってました♪
Commented by foggykaoru at 2014-02-05 19:10
ケルンさん。
おお、勇気あるランサマイトがいた!
もともとは1940年刊行です。
Commented by Titmouse at 2014-02-05 22:28 x
興味深そうな本ですが、きっと読めないだろうなあ。

蔵書の整理大変ですよね。うちの実家は一度引っ越した時に古本屋にだいぶ持ってったようでちょっとはマシだったようですが・・・。(そういえば実家から発掘した『沈んだ船員』、今どこを周っているんだろう?)
Commented by foggykaoru at 2014-02-06 20:53
Titmouseさん。
いい本なんですけど、ハードでした。。
昨今、本も読む側も軟弱になってしまったんだなと実感しました。
『沈んだ船員』はご実家にあったんですか! 
あんなふうに楽しめる本があればいいんだけど。
Commented by むっつり at 2014-02-06 23:39 x
いえ原作は半世紀にも及ぶ活動期間なのにドラマ化にあたって舞台を30年代半ばに固定してしまったんです
ですから細かい差異が色々…
でもドラマの中の風俗(習慣やファションの方です)はもろにランサムの時代そのものでしたから見入ってしまいました
ホームズなら大おばさんの時代かも?
Commented by foggykaoru at 2014-02-08 09:45
むっつりさん。
>原作は半世紀にも及ぶ活動期間
ああそうか、そうですよね。
大おばさんはミス・レモン?(笑)
Commented by ふくだ at 2014-02-09 01:37 x
読みたいです。ぜひ定例会にもってきてほしいです。ちなみに昨日の定例会の参加者は4人でした。
Commented by foggykaoru at 2014-02-11 16:21
ふくださん。
了解です。

あの大雪でめげました。
昨年の成人の日に「ホビット」を見に行って、大雪のため電車がストップし、たった1駅のために50分待つという経験をしたもので。

<< 捨てる女 飼い喰い >>