二重らせんの私

副題は「生命科学者の生まれるまで」
著者である柳澤桂子氏は1938年生まれで、日本における女性科学者の先駆けである。アメリカで博士号を取得したが、難病に侵され、働き盛りの頃に研究職を断念せざるを得なくなり、サイエンスライターとなったという。

ずっと前に古本屋で買ってあった。でも理系の話は苦手。ずっと「積ん読」状態だった。あらこんな本があったのね、じゃ読むか、と思ったのは、、、O保方さん騒動の影響です。

幼い頃から生物が大好きだった著者が、博士号を取るまでの自伝です。とても良質な本です。大したもんです。行間に知性があふれている。

彼女がアメリカ留学したのは、遺伝子がどんどん明らかになりつつあった時代。たぶん、現代の生物学の夜明けみたいな時期。研究者にとっては胸躍る発見がたくさんあったのでしょう。メッセンジャーRNAとか、あー高校で習ったんだけど、何が何だかわかんないんだよねー状態の私には、やっぱりちょっと読むのが面倒臭くて、理解する努力をせずに飛ばし読みでした。すみません。

でも、全体的には全く難しくありません。なにしろ自伝ですし。

O保方さんがねつ造したんだか、わかりやすいようにと切り張りしたんだかはわかりません(でも切り張りはダメでしょ!って文科系の私でも思う)が、ひとつ言えるのは、彼女の記者会見には「あふれる知性」は感じられなかったということ。少なくとも私には。もちろん普通に知的な感じはしたけれど。あ、意味不明ですかね。あのぐらいの口がきける人は私の周囲にもけっこういるよねーという印象。ごめんね口が悪くて。(考えてみたら男性科学者だって「あふれる知性」を感じさえる人はそんなにいないかも)

とにかく、この本を読んだ直後にあの記者会見を見た私は、人間が小物化しているという印象を強く持ってしまったのでした。たぶん科学の分野に限ったことではなく。

エピローグで著者は言う。
お金がからんできたために、生命科学の様相は一変してしまった。あのコロンビア大学の教授たちのもっていた、豊かな水をたたえた大河のような雰囲気は失われた。研究者たちは手に手にDNAの入った試験管をもって、何かに追い立てられるかのように全速力で走りだした。いったいどこへいこうというのだろうか。
門外漢の私がこの言葉の重さをかみしめることができたのは、O保方さん騒動のおかげです。ありがとうございました。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-04-16 20:04 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/22014319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sataz at 2014-04-16 21:58 x
”研究者たちは手に手にDNAの入った試験管をもって、何かに追い立てられるかのように全速力で走りだした。いったいどこへいこうというのだろうか。” 会社で技術系の仕事しているとどんな分野でもそうなってしまうなと感じました(自分含め)。けっこう前の本ですよね、それでもそういう感じを持たれていたのだなとも。
ところでメッセンジャーRNAって高校で習いました?理科系クラスにいた私でも知ったのは大学に入ってからだったような気がします。(ちと不確かな記憶ですが)
Commented by むっつり at 2014-04-16 22:23 x
あの会見で「納得した男性」の多い事
理研が悪い!と息巻いています
私自身も男性ですが「男って、ちょろい」と思ってしまいました
感情立つと論理的思考が出来なくなるんですよね
オトコに「可愛い女」と思わせれば勝ち!と言う戦術は成功しています

今や生命科学は、金のなる木
利権と名誉欲が錯綜しているかのように私には見えています
Commented by foggykaoru at 2014-04-17 21:42
satazさん。
生物の先生がフルブライトでアメリカ留学したとかいう人で、教科書は一切使わず、英語のプリントで当時の最新の生物学を教えてくれたのです。凡人にはちっともありがたくなかったです。その先生の授業についていけたのはクラスで1人。彼は生物学者になりました。
Commented by foggykaoru at 2014-04-17 21:47
むっつりさん。
男性は彼女に同情的なのでしょう?
「50歳以上の男性はみんな彼女にメロメロ」とかいう記事をどこかで読みました。

彼女はかわいそうだと思います。
理研総力をあげて割烹着着せて二階に登らせておいて、はしごをはずしたのですから。
まず、彼女の論文のずさんさを見抜けなかった上司が悪い。
でも、ずさんなことをやった彼女も悪い。
Commented by sataz at 2014-04-17 23:20 x
おお名門校、しかも一人でもついていけた高校生がいたことが凄い。そういう教育もあっていいでしょう、学者を一人生み出したのだし。(たぶんその後も何人かに良い刺激を与えているでしょう)
一般生徒には迷惑かもしれないけれど。
でもそんな状況でメッセンジャーRNAという言葉を覚えていたfoggyさんも大した人だとも思います。
Commented by Titmouse at 2014-04-18 14:20 x
横レス失礼します。私はメッセンジャーRNAとか高校の生物でふつうにやってて、すごく面白かったです。でも英語のプリントで授業受けたら難しいでしょうねえ。
Commented by サグレス at 2014-04-18 20:57 x
おお、この本をついに読まれましたか(^^) 素敵ですよね、柳澤さん。まあ、彼女ほど知性のある人は男女を問わずそれほどいないんじゃないかと思いますが。

小保方氏のことは、理系研究者なら全員「弁護の余地なし」と思っているんじゃないかしら。STAP細胞の写真切り貼り(捏造)もさることながら、D論剽窃はどうしようもない。本当に。
手の中で自然の謎が解ける歓びと、指導教員に真っ赤に直されながらだんだんに文章が書けるようになる歓びは、何物にもかえがたい宝石のようなものですが、彼女はその2つを投げ捨てたわけです。

私が彼女を気の毒に思うのは、3点です。上記のような宝石があることも知らないということ。指導教員も彼女の同類か、あるいは彼女のことなどどうでも良くて何の指導もしなかったこと。そしてマスコミが持ち上げるだけ持ち上げてから突き落としたこと。

でもね、彼女の会見などよりも、捏造や剽窃など考えもせず、黙々と日の当たらない場所で研究を続けている若手研究者が沢山いることの方を、報道してもらいたいと思うんです。不安定な身分ながら素晴らしい研究者は沢山いるのですから。
Commented by foggykaoru at 2014-05-11 10:02
Titmouseさん。
レスが遅れてごめん。
私は「旧課程最後の学年」だったんです。大学入試のとき「あとがない」と脅されました。
Titmouseさんのころは、教科書で習うことができたのかも・
Commented by foggykaoru at 2014-05-11 10:08
サグレスさん。
レスが遅れてごめん。

そう、そもそもD論がなってないから、彼女は研究者を名乗る格すらないということなのですよね。

要するに、S氏を中心とする理研がマスコミ受けする彼女を利用するだけ利用しておきながら、ポイ捨てしたのだと思うけれど、それは別の問題。

<< 身体を言いなりにできるか(36) 再び、立ち上がる >>