地図のない場所で眠りたい

早稲田の探検部出身の探検家?である高野秀行・角幡唯介の対談集。
この二人のファンだったら読むっきゃないでしょ。
で、ファンだったら楽しめます。

二人そろって「『やってることがすごい』とは言われても、『文章がいい』と言われたことがない」と嘆いてます。私は彼らの文章、相当褒めてるんだけどな。あ、ここじゃなくて、熱帯雨林のレビューで書かなくちゃいけないのか。

お二人には届かないだろうけれど、重ねて言います。
この二人はやってることがすごいだけじゃなくて、文章がうまいのです。でなければ私はこんなに読んでません。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-06 19:58 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/22334290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2014-07-06 21:31 x
文章の上手い人って他人の気持ちが解る人なんですよね。
思い入れだけではなく、相手(読者)の立場で考えている証拠ですから
Commented by foggykaoru at 2014-07-07 20:27
むっつりさん。
>文章の上手い人って他人の気持ちが解る人
なるほど~! そこまでは思い至りませんでした。
自分を客観的に観ることができる、という言い方もできますよね。

<< 曲がり角のその先に 何も語れない私 >>