思い出のマーニー

ちょっと暇なので映画でも見ようか、と思っても、今の時期はお子様向けの映画がメイン。何か良いのはないかといくつかレビューを読んだら、この作品、わりと年配らしき、特にジブリのファンというわけでもない人たちの間でけっこう好評なようだったので、観てきました。

原作は友人の勧めで読んだことあり。
英国児童ファンタジー文学の一つの典型だなと思い、かなり好印象でした。
でも大して覚えていない。
ということは、「原作と違う!」と腹を立てる危険性がない(苦笑)ので安心。

ですが、、、
原作の舞台がノーフォークなのに、北海道に変えられてしまっているのが残念。

というランサマイト的な不平はさておいて。

私はジブリ作品をそれほど観ているわけじゃないのですが、ジブリの原作ものは改変が激しいと聞いています。「魔女宅」は後半のふくらませ方が原作と違う。「ハウル」なんて後半から結末まで全然違う。「風立ちぬ」も。あれって堀辰夫原作なんですよね?(観てないけど)
でもこの映画はかなり原作に近い。たぶん。(なにしろ原作をよく覚えているわけじゃないので)

監督が宮崎駿でないせいなのでしょう。
彼は本を1度読んだきりで、その後は思いつきというか、インスピレーションにしたがってアニメ作品にしてしまうのだとか。
(だから、もしも宮崎駿がランサムの作品を映画化したら、きっとお父さんがらみで海軍が出てくるだろう、しかもなぜか飛行機も出てきて、戦争が起こるだろう・・・というネタが一部ランサマイトの間で出たこともある)

今度の監督はちゃんと原作の内容を把握した上で作りましたね。

というわけで、
好印象だった原作の雰囲気をしっかり伝えているし、主人公の気持ちがよく伝わってくるので、わたし的には満足でした。
でも改変されているから、原作ファンが満足するかどうかはわかりません。
[PR]

by foggykaoru | 2014-08-18 20:47 | 児童書関連 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/22490378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Titmouse at 2014-08-18 21:12 x
そうですか、よかったんですね。私も原作読んでもう忘れてるレベルなので見ても大丈夫だろうとは思っています。
Commented by foggykaoru at 2014-08-18 21:14
Titmouseさん。
絶対に大丈夫です。楽しめます。
「この沼、ほんとうはノーフォークだったのに~」と思いながら観てください(笑)
Commented by むっつり at 2014-08-18 21:54 x
一ヶ月前に本を読んでから映画館に行きました
風車小屋もサイロに改変されていましたね
でも原作に忠実
引っ越してきた家族が子だくさんなのをワンカットだけですが描いていましたから
ただ。解りやすくするために幼子の時にマーニー人形を持たせていたのはあざとい、と思ってしました

宮崎駿氏がランサムを映画化したのならシロクマ号を飛行艇にしてしまいそう
知る人ぞ知る駿氏の幼女と老女好きを考えたなら、ランサムをしったら怖いかもしれません
男女入り乱れているのに、表立った恋愛が一切ないのがランサムの特色(ビクトリア朝のモラル?)ですから
でも、スカラブ号の夏休みをアニメ化してくれたなら大叔母さんが魅力的に描いてくれるかも?
Commented by foggykaoru at 2014-08-19 20:39
むっつりさん。
サイロは風車小屋でしたか。
宮崎駿氏はランサムを読んでいて、けっこうお気に入りです。彼が選定した「少年文庫のお薦め本」の中に「ツバメ号とアマゾン号」が入っているんですよ。
私は「長い冬休み」のドットとか、けっこういいかも?と思っているんですが。
大おばさんは原作以上に憎めないキャラになりそうですね。
Commented by むっつり at 2014-08-23 05:39 x
宮崎駿氏ってラピュタのドーラやハウルの荒れ地の魔女のように、猛毒だけどステレオタイプじゃない自分を持っている老女を生き生きと描くのが得意ですからね。
駿式大おばさんを見てみたいです
Commented by foggykaoru at 2014-08-23 07:56
むっつりさん。
宮崎駿が引退しちゃった今、もう大おばさんは観られない・・・

<< パレオマニア オネーギン >>