生半可な学者

著者の柴田元幸という人はアメリカ文学者・翻訳家だそうで。
Wikiを見たら村上春樹が初めて翻訳を手がけたときにバックアップした5人の翻訳家のひとり、なのだそうで。へえええ。

「エッセイ賞受賞」と書いてあったから読んだ。私はけっこうこういう賞をあてにしてます。特にエッセイに関して。

で、期待どおり面白かった。
ここんとこ、ちょっと「ハズレ」気味の本ばかりだったので、久しぶりに面白い本を読めてやれやれでした。

ただし、当然のことながら英語ネタが多いので、少なくとも英語が嫌いでない人でないと楽しめないでしょう。
1960年代のアメリカに興味がある人は、私以上に楽しめることでしょう。

あと、1つのエッセイが短い。4~5ページぐらい。
短いエッセイを続けて読むと味わいが薄れるので、電車に乗るたびに1つずつ読みましょう。
私がそうしました。そしたら、かなりもちました(苦笑)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-21 19:26 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/23361386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 久しぶりの村上春樹 老人ホームめぐり(6) >>