ガンジス川でバタフライ

たかのてるこという人の旅行記。
この人の本はわりとよく目にするので、気にかけていた。

旅を始める前の彼女は、ものすごい怖がりだったという。
でもこんな自分じゃダメだ!と思い切った。
旅好きの兄がいたというのも大きい。

思い切ったらいきなりノープランの旅なんだから。
信じられん。

もっとも、彼女には大きな武器があった。
それは大阪のお笑いのノリ。
羨ましいなあ。そういうのを持ち合わせている人って。

旅をしているうちに、「一期一会」ということを強く感じるようになり、、、
うんうんそうだよね。
大阪のお笑いのノリがなくて、彼女ほど多くの出会いに恵まれていない私ですらそう思う。
でも、一期一会は旅先だけのことではない
人生すべて、日常生活すべて、一期一会なんだよ
と思いながら読んでいたら、彼女もやがてそう思うようになる。

ガンジス川でバタフライをしてもお腹を壊さなかった彼女は、この後、世界を旅するようになるわけで、本も何冊か出している。
読もうかな。
この本、とっても面白かったし。

でも、1回読んだらもう2度と読み直せない本なんです。
私はけっこう読み返すんです。
全部読み直すことはあまりないけれど、パラパラめくってエピソードの一つか二つを読み返すことはしょっちゅう。
でもこの本はそれすらできない。
読んで、笑って、読み終わって、本をとじたらもうおしまい、という本なのでした。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-05 07:05 | ルポ・ノンフィクション | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/24046974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 観・読・聴・験 備忘録 at 2015-05-05 08:18
タイトル : 『ガンジス河でバタフライ』
たかのてるこ 『ガンジス河でバタフライ』(幻冬舎文庫)、読了。 常識的なインド旅行記の次は、非常識路線で(笑)。 映画化されたときに気になっていたのですが、ようやく本を。 小心者の女子大生が、 母親が突如腹話術師になったことをきっかけに、初の海外一人旅行に挑む! って、どんな要約なんだって話ですが、誇張なしですよ(笑)。 ま、著者が自分自身の性格の描写をやや誇張している可...... more

<< イミテーション・ゲーム マリー・ルイーゼ >>