私の愛する憩いの地

ユーズドでしか入手できません。

著者は一定の年齢以上の人なら絶対知ってる兼高かおる。
なにしろあの兼高さんが、世界中で「これ」と思った場所をピックアップして説明してくれてるのだから、旅好きには非常に参考になります。
(注意!ものすごく面白いというほどではありません)
秘境的な場所も紹介されているけれど、ちゃんとしたホテルがあるところばかりなので、軟弱なえせバックパッカーにはぴったり。
たとえばシュピッツベルゲンとかね。
行きたい。。。

イギリスでピックアップされているのはセント・アイヴス(コンウォールの海辺の町)、グレンイーグルス(ゴルフ好きにお薦めだそうだ)、そしてそして、なんとノーフォーク!
古本屋で見つけて思わず買った理由はここにある(自爆)

フランスはミディ運河とロックフォールです。渋いなあ。
兼高さんが参加したミディ運河クルーズは、数日間、船に寝泊まりするもの。
近頃急激にまったり旅に心惹かれるようになっているので、非常にそそられて、思わずネットで探してみました。
でも、半日クルーズとか1日クルーズしか見つからないよ(涙)

この本も、しばらくは手元に置いておきます。
[PR]

by foggykaoru | 2016-01-27 20:32 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/25232280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 昭和史のおんな ワケありな国境 >>