あしたはアルプスを歩こう

古本屋で購入。
角田光代の旅日記。
「アルプスをトレッキングしましょう」というテレビの企画に乗って、トレッキングが何なのかも知らずにイタリアンアルプスにでかけてしまったお話。
いいよねえ有名人は。

全然アウトドア派でない角田さん(だからトレッキングも初耳だったわけだ)が、疲労困憊しながらトレッキングをするのだが、これが読ませる。

すごい山に登って、一息入れましょうというとき、イタリア人ガイドがエスプレッソを淹れてくれるんだと。
「それが文化だ、日本人もお茶ぐらいたてろ」と角田さん。
言えてるなあ。
そういうことを絶対にしないのが私だけど。
(重い荷物を持つのが嫌だから)

このガイド氏がとても魅力的。ひと言ひと言に含蓄がある。この人あってのこの本という感じすらする。

この本はけっこうお薦めです。薄くてあっと言う間によめます。
[PR]

by foggykaoru | 2016-05-19 21:12 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/25622829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by elfarran_in at 2016-05-22 22:24
ご無沙汰してます( ・∇・)
吉野の桜を見に行った時
展望台で珈琲をgandalfに
たてさせたことを思いだしましたww←悪w
アルプスには全然及びませんが
でも格別でした~w
そうか!!次行ったときはお抹茶にします♪
再度、吉野山旅の仲間募らなきゃ(^▽^笑)
Commented by foggykaoru at 2016-05-26 23:41
Elfarranさん。
ご無沙汰です。
ガンダルフコーヒーをわざわざ淹れるのはとても素敵♪
でも桜じゃなくて、白い花のほうがもっといいかな(笑)

<< 暮らしのさじ加減 談志が死んだ >>