センセイの鞄

川上弘美の小説。
裏表紙の「谷崎純一郎賞受賞作」という紹介文に惹かれて古本屋で購入。


近所の呑み屋で高校時代の恩師とばったり出会い、細く長く交流していくというお話。
とても読みやすいけれど、軽すぎない。
味わいがあって、なかなかな小説でした。

下戸というわけじゃないけれど、酒量が少ない(ワインだったらグラスに2杯ぐらいで十分)私にとって、「1人で呑み屋で一杯」は憧れです。
[PR]

by foggykaoru | 2016-05-27 21:28 | 普通の小説 | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/25647333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 観・読・聴・験 備忘録 at 2016-12-21 23:48
タイトル : 『センセイの鞄』
川上弘美 『センセイの鞄』(文春文庫)、読了。 『蛇を踏む』で苦手意識を持ってしまったのですが、 紹介文を読む限り違うテイストのようなので、挑戦してみました。 いや~、読んでおいて良かったです。 センセイとツキコさんとの 愛想のない会話も、ボワボワとした会話も、どちらも素敵です。 後半、思いがけない方向に話が展開していくので、 どうなるんだろう?どうするんだろう...... more
Commented by naru at 2016-05-27 22:22 x
有川作品以外で小説の書評とは、珍しいのでは?

この小説は、私の中では恋愛小説ベストワンです。
二人の不器用な感じや、その後の展開とか、王道だと思います。

お気に召したようで、嬉しいです。
Commented by foggykaoru at 2016-05-31 21:19
naruさん
小説はそこまでは珍しくないと思います。。。
年間10冊は読んでます(苦笑)

私にとっての恋愛小説ベストワンは、、、潮騒?
読んだの30年ぐらい前ですけどね。

<< 羊と鋼の森 暮らしのさじ加減 >>