ダダダダ菜園記

シルバー世代による、家庭菜園の記録
・・・ということになるんでしょう。
著者は伊藤礼。
はて、この名前は?と思って検索してみたら、伊藤整の息子でありました。
解説が宮田珠己というところにひかれて新刊を購入。
あと、こんな私でも、もしかすると老後の楽しみは庭いじり、になったりするんだろうか?と最近思ったりするもので。

で、この本。
「ダダダダ」というのは著者が買った耕運機の音。
この人は、何かの種をまく前に、勉強したり調べたりすることがなく、100パーセント行きあたりばったり。
思わぬ成り行きに慌てふためいたり、気分が乗らなかったら畑が荒れるに任せたり。
都内の庭先でちょこちょこ野菜を作るだけなんだから、そういう行き方もアリなんでしょう。
驚くべきなのは、この本の行きあたりばったり加減。
どんどんどんどんどんどんどんどん脱線します。

まあまあ面白かったですよ。
でも、まあまあでした。
ちょうど宮田珠己とおんなじぐらいの面白さ。
なんだかすごく納得してしまいました(苦笑)
[PR]

by foggykaoru | 2016-06-29 21:41 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/25747273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by luna at 2016-07-02 12:46 x
その人の「こぐこぐ自転車」とこ「自転車ギコギコ」とかを読んだことあります。
脱線具合は本によって違うみたいだけど、なんか脱力系おじいちゃんで楽しかった記憶が。
菜園も面白そう♪
Commented by foggykaoru at 2016-07-03 15:39
lunaさん。
そう言えば、この本の中にも自転車ギコギコの場面、ありました!
素敵な老後ですよね。

<< 帰ってきたヒトラー 無名 >>